リボンの演技

新体操(しんたいそう)は、スポーツ体操)の一種である。リボンやボールなどの手具を使いながら音楽に合わせて、13m四方のフロアマットで演技をする芸術性を競う採点競技である[1]

目次

概要編集

新体操には女子種目と男子種目があるが、種目の内容は大きく異なる。女子種目は柔軟性が高く華麗な演技に特徴があり、男子種目は宙返りなどのタンブリングや力強い演技に特徴がある。

女子種目は多くの国で行われており、1963年ハンガリーブダペストで第1回世界新体操選手権が開催された。1984年ロサンゼルスオリンピックから個人総合がオリンピック正式種目として採用され、1996年アトランタオリンピックからは団体も正式種目となった。個人種目別は2001年よりワールドゲームズに採用されている。日本では1968年、全日本学生選手権で初めて個人競技が行われ、この大会をきっかけに「新体操」という名称が使われるようになった。

男子種目はオリンピックの正式種目採用を目指しているが、2016年リオ五輪の閉会式における次期2020年東京大会への引き継ぎセレモニーで、青森大学男子新体操部員約20人がパフォーマンスを行った[2]

歴史編集

女子種目編集

手具編集

ロープ(縄)、フープ(輪)、ボール(球)、クラブ(こん棒)、リボン(帯状布)

団体演技編集

5人で演技を行う。演技時間は2分15秒から2分30秒以内。

個人演技編集

1人で演技を行う。演技時間は1分15秒から1分30秒以内。それ以上を超えたら1秒ごと0.05減点

自由演技編集

団体、個人ともに伴奏を必要とし、競技会はその年度の定める方法により演技を行う。

編集

動物の鳴き声が入った曲・拳銃などの激しい音が入った曲は禁止されている。

衣装編集

レオタードを着用。技術と同時に美も競う競技のため、デザイン・色・装飾などが凝っている衣装が多い。特にレオタードに関しては、ハイカットの物、スカートが付いている物、足首まであるワンピース型の物など色々なタイプがある。足にはハーフシューズを履くことが多い(または素足か、ダンスシューズかタイツを履くか)。化粧をして、髪型はシニヨンポニーテールにしている選手が多い。

男子種目編集

男子種目は日本発祥のスポーツとして戦後からはじまり、日本がリーダーシップをとり女子と平行してインターハイ、インカレ、全日本選手権などが行われている。2000年から本格的に指導者を海外に送り、2003年に日本、マレーシア韓国カナダが国際大会に出場し、2005年にはアメリカオーストラリアロシアなどが追加出場して国際化が始まった。国際体操連盟(FIG)に対して男子競技種目の普及をアピールしている。

新体操選手一覧編集

 
エフゲニア・カナエワ(ロシア)
 
アンナ・ベッソノワ(ウクライナ)
 
アンナ・グルバノワ(アゼルバイジャン)
 
アリーヤ・ユスポバ(カザフスタン)

日本編集

ロシア編集

ウクライナ編集

ベラルーシ編集

ソ連編集

ブルガリア編集

スペイン編集

韓国編集

脚注編集

  1. ^ 例えば、ロンドンオリンピック (2012年)では、個人・団体ともに、「難度」(difficulty)、「芸術」(artistic)、「実施」(execution)の3項目で採点が行われた(各10ポイント、合計30ポイント)。
  2. ^ 「リオ五輪閉幕式で世界が注目 日本発祥男子新体操がスゴい!」(iZa 2016.8.25)

関連項目編集

外部リンク編集