新保信長

新保 信長(しんぼ のぶなが、1964年 - )は、日本編集者、マンガ解説者。妻は漫画家の松田奈緒子

目次

人物編集

大阪府出身。灘中学校・高等学校東京大学文学部心理学科卒業。出版社勤務を経て1991年よりフリー。マンガ解説者としては南信長の名前で活動している。

西原理恵子の漫画『できるかな』を担当し、同作品でキャラクター化され描かれたことにより広く知られるようになった。時事問題を斜めに扱った著書も上梓している。

著書編集

  • タイガースファンという生き方(1999年、メディアファクトリー)
  • 消えたマンガ雑誌(2000年、メディアファクトリー)
  • 笑う新聞(2000年、メディアファクトリー)
  • 少年法(やわらかめ)(2001年、アスペクト)※伊藤芳朗監修
  • もっと笑う新聞(2001年、メディアファクトリー)
  • 笑う入試問題(2003年、角川書店)
  • 言い訳するな!(2005年、ミリオン出版)
  • 東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?(2006年、アスペクト)
  • 国歌斉唱♪「君が代」と世界の国歌はどう違う?(2010年、河出書房新社)
  • 字が汚い!(2017年、文藝春秋)

南信長名義編集

  • 現代マンガの冒険者たち(2008年、NTT出版)
  • マンガの食卓(2013年、NTT出版)
  • やりすぎマンガ列伝(2015年、KADOKAWA)
  • もにゅキャラ巡礼 銅像になったマンガ&アニメキャラたち(2017年、扶桑社)※楠見清との共著

外部リンク編集