新倉敷駅

日本の岡山県倉敷市にある西日本旅客鉄道の駅

新倉敷駅(しんくらしきえき)は、岡山県倉敷市玉島爪崎にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の

新倉敷駅*
Shin-Kurashiki Station Building (South) 20200524.jpg
南口
しんくらしき
Shin-Kurashiki
所在地 岡山県倉敷市玉島爪崎390-4
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 シク
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅橋上駅)(在来線)
ホーム 2面2線(新幹線)
2面3線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
7,887人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1891年明治24年)7月14日
乗入路線 2 路線
所属路線 山陽新幹線
キロ程 205.5km(新大阪起点)
東京から758.1km
岡山 (25.2km)
(33.1km) 福山
所属路線 W 山陽本線
キロ程 168.6km(神戸起点)
西阿知 (5.3km)
(6.3km) 金光
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 1975年に玉島駅から改称。
テンプレートを表示
北口
南口駅舎全景俯瞰
新幹線ホーム(2番線から東京方面を望む)
在来線ホーム(3番線から岡山方面を望む)

概要編集

倉敷市西部に位置する玉島地域唯一の鉄道駅で、山陽新幹線と在来線の山陽本線との接続駅となっている。山陽本線は、岡山駅 - 福山駅間の快速列車「サンライナー」が停車する。玉島の中心市街からは北に2.5kmほど離れているが、現在は新倉敷駅を中心に新市街地が形成されている。管理駅長が配置された直営駅であり、管理駅として山陽本線の金光駅 - 笠岡駅間の各駅を管理している。山陽本線はICOCAの利用エリアに含まれている[1]

開業当時の名称は玉島駅(たましまえき)で、以来80年以上にわたってこの駅名であったが、山陽新幹線乗り入れと同時に新倉敷駅となった[注釈 1]

電報略号は「シク」。

事務管コードは▲650614を使用している[2]

歴史編集

駅構造編集

1階に在来線ホーム、2階に改札口とコンコース、3階に新幹線ホームが設けられている。在来線と新幹線の個別の改札口のほか、相互の乗換改札口も設置されている。

新幹線編集

新幹線は、16両編成対応(ホーム長410m)の相対式ホーム2面2線(内側に上下通過線2線を挟む)を有する高架ホームである[4]。構内は博多方向に向かって左方向に半径10,000mの曲線を描いている[5]。改札口とホームの連絡は、階段とエスカレーター(ホームに1か所ずつの計2か所)のみであったが[5]、後にエレベーターも設置された。以前は改札内に売店があったが、現在は売店跡に自動販売機が設置されている。当駅は停車列車の本数が少ないため、ホームの中央付近に空調設備が整った待合室がある[6]

新幹線ホームの使用状況
のりば 路線 方向 行先
1   山陽新幹線 下り 広島博多方面[7]
2 上り 新大阪東京方面[7]

在来線編集

在来線は、地上にある単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線のホーム(橋上駅舎)と、3・4番のりばの間にはホームのない中線(待避線)があり、回送列車や貨物列車が使用している。改札口とホームの連絡は、階段とエレベーターが設置されている[6]

山陽本線の旅客列車は、主に3番のりば(下り本線)と4番のりば(上り本線)が使用される。上りのみ緩急接続が可能となっており、当駅で「サンライナー」を待ち合わせる普通列車は5番のりば(上り待避線)を使用する。過去には通過貨物列車の待ち合わせも設定されていた。

入線メロディは以前、3番線が「故郷」、4・5番線が「いい日旅立ち」であったが、2012年3月9日よりJR西日本標準メロディに変更された。さらに2016年5月12日の運行管理システム稼働に伴い、駅自動放送が更新された。

在来線ホームの使用状況
のりば 路線 方向 行先
3 W 山陽本線 下り 福山尾道方面[7]
4・5 上り 倉敷岡山方面[7]

2016年3月26日改正現在、位置関係としては表口である南口から数えて3・4・5・1・2という順番になっている。在来線の運転取扱上では、3番のりばが「1番線」、中線が「2番線」、4番のりばが「3番線」、5番のりばが「4番線」となっている。

新幹線ダイヤの変遷編集

1975年3月10日に山陽新幹線が全線開通した当時は、東京駅 - 博多駅間運転の『ひかり[注釈 3]が毎時1本停車していた。朝晩時間帯を中心に『こだま』と山陽区間内の『ひかり』[注釈 4]が運転される場合もあった。

1980年10月1日改正以降、停車本数が毎時2本となる時間帯が徐々に増やされた[8]。これは、従来の『ひかり』[注釈 3]加えて新大阪駅 - 博多駅間『こだま』が運行を開始したためである。

1986年11月1日改正後、山陽新幹線区間の『こだま』が増発され、『ひかり』の停車本数が順次削減され、1997年11月29日改正をもって、岡山駅での『のぞみ』と『こだま』の接続が改善されたため、『ひかり』の停車はいったん廃止された。

以降、基本的に『こだま』のみが毎時1 - 2本停車するが、2008年3月15日改正より早朝時間帯に上り東京行きと、『ひかりレールスター』が1本ずつ停車する形で『ひかり』の停車が復活した。その後のダイヤ改正で停車する本数の変遷を何度か経て、2018年3月現在では東京直通の列車が上下1本ずつ、上り岡山行きの『ひかりレールスター』が1本停車している[9]

利用状況編集

岡山県統計年報によると、2018年の1日平均乗車人員7,887人である。これは岡山県内においては岡山駅倉敷駅に次いで3番目に多い人数である。近年の1日平均乗車人員は以下の通りである[10]

乗車人員推移
年度 1日平均人数 脚注
1997 7,540 [11]
1998 7,434 [12]
1999 7,195 [13]
2000 7,067 [14]
2001 6,894 [15]
2002 6,755 [16]
2003 6,903 [17]
2004 6,937 [18]
2005 7,143 [19]
2006 7,159 [20]
2007 7,203 [21]
2008 7,282 [22]
2009 7,006 [23]
2010 7,115 [24]
2011 7,289 [25]
2012 7,456 [26]
2013 7,683 [27]
2014 7,501 [28]
2015 7,733 [29]
2016 7,764 [30]
2017 7,778 [31]
2018 7,887 [32]

駅周辺編集

バス路線編集

駅前にバスターミナルがあり、両備バス井笠バスカンパニー、浅口タクシーバスによって運行されている。

南口編集

のりば 系統 経由 行先 事業者 備考
1 91 長田町・上成 霞橋 両備 平日のみ運行
99 倉敷芸術科学大学  
2 93 玉島警察署前・東高地 住友重機械西門  
94 ハーバーアイランド3工区 平日・土曜のみ運行
95 八島・七島 玉島中央町  
3 92 玉島支所入口・玉島中央町 寄島総合支所前 井笠  
4 T08F 高齢者福祉センター・船穂公民館・西阿知駅 イオンモール倉敷[33] 浅口 平日・土曜のみ運行

北口編集

のりば 系統 経由 行先 会社 備考
5 90 中国能開大 両備 平日のみ運行
6 T08F 田ノ内・船穂公民館 高齢福祉センター[33] 浅口 水曜・金曜のみ運行(祝日は運休)

予約制運行

その他編集

2017年5月31日まで、当駅以西の駅は岡山支社内のせとうち地域鉄道部の管轄となっていた。しかし鉄道部制度の見直しでせとうち地域鉄道部が廃止されたため、現在は岡山支社直轄となっている。

隣の駅編集

※新幹線の停車駅は各列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
  山陽新幹線
岡山駅 - 新倉敷駅 - 福山駅
W 山陽本線
快速「サンライナー
倉敷駅 - 新倉敷駅 - (一部金光駅) - 笠岡駅
普通
西阿知駅 - 新倉敷駅 - 金光駅

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 駅としては129年の歴史を有し、改称後の年数としても45年が経過している。
  2. ^ 玉島駅併設案と比べると、他の2案は、当時の金額で60 - 80億円の増加と計算された。
  3. ^ a b 岡山以西は各駅に停車する。
  4. ^ 新大阪・岡山・新倉敷・三原・広島・小郡・小倉・博多に停車する変則的な停車パターン。

出典編集

  1. ^ ご利用可能エリア│ICOCA:JRおでかけネット”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ 国鉄新幹線建設局 『山陽新幹線岡山博多間工事誌』 社団法人日本鉄道施設協会、pp.139 - 140、1977年
  4. ^ 国鉄新幹線建設局 『山陽新幹線岡山博多間工事誌』 社団法人日本鉄道施設協会、p.405、1977年
  5. ^ a b 『東海道 山陽新幹線二十年史』日本国有鉄道新幹線総局、1985年、p.360
  6. ^ a b 新倉敷駅│構内図:JRおでかけネット”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  7. ^ a b c d 新倉敷駅│時刻表:JRおでかけネット”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  8. ^ 『時刻表復刻版1987年3月号』(JTB時刻表)p55 - 63
  9. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  10. ^ 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年4月11日). 2020年6月12日閲覧。
  11. ^ 平成9年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  12. ^ 平成10年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  13. ^ 平成11年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2019年3月24日). 2020年6月12日閲覧。
  14. ^ 平成12年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  15. ^ 平成13年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  16. ^ 平成14年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  17. ^ 平成15年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  18. ^ 平成16年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  19. ^ 平成17年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  20. ^ 平成18年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2019年3月24日). 2020年6月12日閲覧。
  21. ^ 平成19年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  22. ^ 平成20年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  23. ^ 平成21年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  24. ^ 平成22年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  25. ^ 平成23年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  26. ^ 平成24年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  27. ^ 平成25年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  28. ^ 平成26年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  29. ^ 平成27年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  30. ^ 平成28年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  31. ^ 平成29年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  32. ^ 平成30年 岡山県統計年報 - 岡山県ホームページ(統計分析課)”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。
  33. ^ a b Wayback Machine”. web.archive.org (2020年6月12日). 2020年6月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 新倉敷駅(日本語) - JRおでかけネット(JR西日本)