メインメニューを開く

新八日市駅

日本の滋賀県東近江市にある近江鉄道の駅

新八日市駅(しんようかいちえき)は、滋賀県東近江市八日市清水二丁目にある近江鉄道八日市線。駅名に「新」が付くのは、湖南鉄道時代、当時は別会社だった近江鉄道の八日市駅が先に存在していたためである。

新八日市駅
Shin Youkaichi-stn.jpg
大正11年に改築された駅舎
しんようかいち
SHIN-YOKAICHI
八日市 (0.6km)
(0.7km) 太郎坊宮前
所在地 滋賀県東近江市八日市清水2-137-2
所属事業者 近江鉄道
所属路線 八日市線(万葉あかね線)
キロ程 0.7km(八日市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗車人員
-統計年度-
505人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1913年(大正2年)12月29日
備考 御園駅までの路線は1948年休止、1964年廃止
テンプレートを表示

歴史編集

以前は当駅から御園駅(旧・飛行場駅)に向かっていた(御園方面への分岐点は当駅の近江八幡駅寄りにあり、新八日市からはスイッチバックする形であった)。近江鉄道に合併後、八日市駅方面への線路が敷設され、後に御園駅方面が廃止された。御園駅方面の隣駅は八日市中野駅であった。

  • 1913年(大正2年)12月29日 - 湖南鉄道の終点、八日市口駅として開業。
  • 1919年(大正8年)7月1日 - 新八日市駅に改称[1]
  • 1922年(大正11年) - 駅舎改築[2]
  • 1927年(昭和2年)5月15日 - 琵琶湖鉄道汽船に合併され、同社の駅となる。
  • 1929年(昭和4年)4月1日 - 八日市鉄道に譲渡され、同社の駅となる。
  • 1930年(昭和5年)10月1日 - 当駅~飛行場(後の御園)駅間が開業、中間駅となる。
  • 1944年(昭和19年)3月1日 - 近江鉄道に合併され、同社の駅となる。
  • 1946年(昭和21年)1月1日 - 当駅~八日市駅間が開業し、分岐駅となる。
  • 1948年(昭和23年)8月1日 - 当駅~御園駅の運行を休止。
  • 1964年(昭和39年)9月25日 - 当駅~御園駅を正式に廃止、中間駅に戻る。

駅構造編集

  • 相対式ホーム2面2線を有する地上駅であり、平日朝の7:00~8:50および夕方16:00~18:30のみ有人駅となる。ただし夕方は降車客の改札業務のみである。
  • 薄緑色に塗装された、洋風建築の駅舎を持つ。開業時に建てられた駅舎であると言われていた[3]が、開業9年後の1922年(大正11年)に建てられたと判明している[2]。駅舎2階はかつて八日市線の前身である湖南鉄道、八日市鉄道の本社として使用されていた。建築当時は西側に平家部分があったが取り壊され、空き地となっている。駅舎1階には八日市鉄道時代までの特等客用待合室だったスペースがあったが、2003~2004年に板で塞がれた(駅舎正面から見て右側にあたる)[4]。外壁は夏季にはツタで覆われる。


配線図編集

1948年9月当時の新八日市駅配線図
↑ 八日市方面

近江八幡方面
                                       
                                         




                             
                           
                                       
                                       
                            車庫      
                                   
                                       
                                           
                                       

御園方面
↓貴生川方面
凡例
出典:白土貞夫 「私鉄車両めぐり83 近江鉄道(上)」88頁。


1983年ごろの新八日市駅配線図

近江八幡方面
                                 
                       
                 
                                               
                                               
                                               

八日市方面
凡例
出典:柳川凡 「近江鉄道前駅構内配線図」『カラーブックス 日本の私鉄24 近畿』123頁。


2009年8月現在の新八日市駅配線図

近江八幡方面
           
                   
                   
 

八日市方面
凡例
出典:『東海道ライン第6巻』11頁。

利用状況編集

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。(東近江市統計書より)

年度 一日平均
乗車人員
2002年 393
2003年 379
2004年 376
2005年 417
2006年 435
2007年 433
2008年 430
2009年 424
2010年 429
2011年 441
2012年 448
2013年 466
2014年 463
2015年 494
2016年 505

駅周辺編集

隣の駅編集

近江鉄道
八日市線(万葉あかね線)
快速
通過
普通
太郎坊宮前駅 - 新八日市駅 - 八日市駅

脚注編集

  1. ^ 「輕便鐵道停車場名改稱」『官報』1919年7月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b 高見彰彦「湖南鉄道の写真と新八日市駅の駅舎建築時期について」『鉄道史料』(鉄道史資料保存会)No.147 2016年、53-59頁
  3. ^ 新八日市駅 鉄道本社の貫禄が残る西洋風駅舎(2009年放送)にっぽん木造駅舎の旅』NHK映像マップみちしる~新日本風土記アーカイブス~(2018年4月18日閲覧)
  4. ^ 高見彰彦「湖南鉄道・八日市鉄道の乗車券と沿線案内」『鉄道史料』(鉄道史資料保存会)No.149 2016年

関連項目編集

参考文献編集

  • 井上広和・高橋摂『カラーブックス 日本の私鉄24 近畿』保育社、1983年。ISBN 978-4586505982
  • 白土貞夫「私鉄車両めぐり83 近江鉄道(上)」『鉄道ピクトリアル』通巻第239号、鉄道図書刊行会、1970年7月、 84 - 92頁。
  • 川島令三『東海道ライン 第6巻 米原駅-大阪エリア』講談社、2009年。ISBN 978-4062700160

外部リンク編集