新城郷(シンチョン/しんじょう-きょう)は台湾花蓮県

花蓮県の旗 花蓮県 新城郷
別称: 大魯・哆囉満・倒咯満、研海
七星潭海岸风景特定区 - Qixingtan Coast Scenic Area - panoramio.jpg
七星潭海浜公園
地理
Karen sinzyoukyou.svg
位置 北緯24°15'
東経121°66'
面積: 29.4095 km²
各種表記
繁体字: 新城
日本語読み: しんじょう、しんせい
拼音: Xīnchéng
通用拼音: -Sīnchéng
注音符号: ㄒㄧㄣ ㄔㄥˊ
片仮名転写: シンチェン
台湾語: Sin-siâⁿ
客家語: Sîn-sàng
タロコ語: Alang paru
アミ語: Sudadatan
行政
行政区分:
上位行政区画: 花蓮県の旗 花蓮県
下位行政区画: 8村224鄰
新城郷長: 錢自立
公式サイト: 新城郷公所
情報
総人口: 20,277 人(2015年1月)
世帯数: 7,536 戸(2015年1月)
郵便番号: 971
市外局番: 03
新城郷の木: -
新城郷の花: -
新城郷の鳥: -
中華民国空軍花蓮基地内から望む花蓮空港旅客ターミナル

地理編集

新城郷は花蓮県北部に位置し、北西は秀林郷と、南は花蓮市とそれぞれ接し、東は太平洋に面している。花蓮県で面積が最小の郷鎮であるが、台湾の国防上重要な佳山空軍基地秀林郷との境界に有している。地勢は平原に属し平坦であり、その中を三桟渓及びスビキ渓が流れている。

歴史編集

新城郷は古くはタロコ語で「タロワン」と称され、漢人により「哆囉満」或いは「倒咯満」と表記されていた。清の嘉慶年間、淡水庁の住民である呉全が佃農を率いてこの地に入植を開始した。その際原住民であるタロコ族からの襲撃をしばしば受け、入植者は耕地を放棄して南部に移住したが、1875年、福建陸路提督羅大春が兵を率いて蘇澳から花蓮に至る道路を建設し、この地に城を築いたことから現在の地名である「新城」と称されるようになった。 日本統治時代になった1914年台湾総督佐久間左馬太は軍隊を出動させタロコ族を平定、花蓮港庁新城支庁を設置した。その後佐久間総督の事跡を記念し、1920年の台湾地方改制の際に号の「研海」を採用して「研海支庁」と改名された。その後1937年に「研海庄」と改称され、花蓮港庁花蓮郡の管轄とされた。戦後は「新城」の旧名が復活し、花蓮県新城郷と改編され現在に至っている。

経済編集

農業漁業が経済の中心である。 農業では、耕地面積944ヘクタールで、住民の約3割が従事している。パパイヤトウモロコシイネサツマイモの栽培が主で、スイカスターフルーツバナナブンタンなども植えられている。 漁業は小型動力漁船を使った近海漁業と定置網漁が中心。カツオギンカガミカジキタチウオサメマンボウ等が主な対象。鰹節加工業者が2社ある。淡水魚の養殖も行われており、ティラピアコイオニテナガエビなどが主。 第二次産業では石材加工業が盛んで、花崗岩大理石蛇紋岩などの建材や大理石、の工芸品が製造されている。

行政区編集

康楽村、大漢村、順安村、新城村、佳林村、嘉里村、北埔村、嘉新村

歴代郷長編集

氏名 任期

教育編集

技術学院編集

高級中学編集

国民中学編集

国民小学編集

交通編集

種別 路線名称 その他
鉄道 北廻線 新城(太魯閣)駅 北埔駅
省道 台8線 中部横貫公路
省道 台9線 蘇花公路
県道 県道193号 (台湾)
空港 国内線 花蓮空港

観光編集

太魯閣国家公園(太魯閣渓谷)に最も近い鉄道駅新城(太魯閣)駅を有するため、ここを起点にサイクリングで太魯閣渓谷に向かい、併せて七星潭などの海岸地帯を観光する人も多い。

外部リンク編集