メインメニューを開く

新妻 昭夫(にいづま あきお、1949年5月6日 - 2010年11月9日)は、日本の動物学者恵泉女学園大学特任教授。

札幌市生まれ。1975年北海道大学水産学部卒業、1981年京都大学大学院理学研究科博士課程中退。1987年ゼニガタアザラシの社会生態と繁殖戦略」で理学博士1997年『種の起原をもとめて』で毎日出版文化賞受賞。その後恵泉女学園大学教授、特任教授[1]。専攻は動物学、科学史。児童向けの著作、翻訳も数多い。

目次

著書編集

  • とっかりぽっかり 文研出版 1978.1
  • ダーウィン チャイルド本社 1986.9 (チャイルド絵本館)
  • 流氷が連れてきた動物たち 日本放送出版協会 1987.3 (NHKブックス)
  • 種の起源をもとめて ウォーレスの『マレー諸島』探検 朝日新聞社 1997.5 のちちくま学芸文庫
  • いぬ 小学館 1997.12 (どうぶついっぱいずかん)
  • ダーウィンのミミズの研究 福音館書店 2000.6

共編著編集

  • ナチュラリスト入門 春夏秋冬全4冊 1989 (岩波ブックレット)
  • マルチメディア犬図鑑 中島眞理共編 アスキー 1997.5
  • からだの部品事典 2004.3 (岩波ジュニア新書)
  • 進化論の時代 ウォーレス、ダーウィン共著 みすず書房 2010.3

翻訳編集

  • 南部シベリアのヒグマとツキノワグマ その比較生物学的研究 G.F.ブロムレイ 藤巻裕蔵共訳 北苑社 1972
  • アースマインド 人類はどこへ行くのか マイケル・W.フォックス 笹川平子共訳 講談社 1983.10
  • ダーウィンに消された男 アーノルド・C.ブラックマン 羽田節子共訳 朝日新聞社 1984.1 のち選書
  • 熱帯の自然 アルフレッド・R.ウォレス 谷田専治共訳 平河出版社 1987.1
  • ヒグマとツキノワグマ G.F.ブロムレイ 思索社 1987.9
  • 動物行動学・再考 マリアン・S.ドーキンス 平凡社 1989.5
  • フラミンゴの微笑 進化論の現在 スティーヴン・ジェイ・グールド 早川書房 1989.12 のち文庫
  • あなたのイヌがわかる本 ブルース・フォーグル ダイヤモンド社 1993.2
  • マレー諸島 A.R.ウォーレス 1993.8 (ちくま学芸文庫)
  • クマ ヘレン・ギルクス 岩崎書店, 1994.3 (ちきゅうのなかまたち)
  • 動物王国 ジェニー・ウッド 岩崎書店 1994.3 (ちきゅうのなかまたち)
  • 類人猿 テス・レモン 岩崎書店 1994.3 (ちきゅうのなかまたち)
  • 進化論と生物哲学 エルンスト・マイア 東京化学同人 1994.11
  • 動物と植物 デヴィッド・ランバート 岩崎書店 1996.2 (なんでも世界一)
  • セルボーンの博物誌 ギルバート・ホワイト 小学館 1997.4 (地球人ライブラリー)
  • どうしてうごく? キム・テイラー 岩崎書店 1997.4 (ひらいてみよう!かがくのとびら)
  • どうしてとぶ? キム・テイラー 岩崎書店 1997.4 (ひらいてみよう!かがくのとびら)
  • 犬種別ハンドブック ブルース・フォーグル ダイヤモンド社 1997
ラブラドル・レトリーバー
コッカー・スパニエル
ゴールデン・レトリーバー
ジャーマン・シェパード
ダックスフント
プードル
  • 熱帯の自然 A.R.ウォーレス 1998.5 (ちくま学芸文庫)
  • ウルトラ・ダーウィニストたちへ 古生物学者から見た進化論 N.エルドリッジ シュプリンガー・フェアラーク東京 1998.10
  • 生物多様性という名の革命 デヴィッド・タカーチ 日経BP社 2006.3
  • 神と科学は共存できるか? スティーヴン・ジェイ・グールド 日経BP社 2007.10
  • 恐竜の飼いかた教えます ロバート・マッシュ 山下景子共訳 新版 平凡社 2009.3

論文編集

賞詞編集

毎日出版文化賞:『種の起原をもとめて』(1997年

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 著書には教授とあるが大学のウェブサイト[1]に特任教授とあるのは著書刊行後に専任教員としては一旦退職し、特任教授に身分変更をしたため。