メインメニューを開く

新宮紀宝道路(しんぐうきほうどうろ)は、和歌山県新宮市あけぼのから三重県南牟婁郡紀宝町神内に至る予定の自動車専用道路である。近畿自動車道紀勢線に並行する国道42号自動車専用道路として整備されている。高速道路ナンバリングは、近畿自動車道紀勢線(勢和多気 - 和歌山)を形成するため「E42」が振られる[1]

一般国道自動車専用道路 (A')
国道42号標識
E42 新宮紀宝道路
路線延長 2.4 km
起点 和歌山県新宮市あけぼの
終点 三重県南牟婁郡紀宝町神内
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
和歌山県道231号あけぼの広角線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

新宮市と紀宝町を結ぶ幹線道路は、熊野川河口部にある国道42号の新熊野大橋と熊野大橋しかなく有効な迂回路がない状況である。そのため、慢性的な渋滞や、平成23年台風第12号により熊野川が氾濫し当区間が通行止めになったように、災害時に当地域の連携に支障が出るなどの問題があった[2]。また、南海トラフ巨大地震による津波被害が予測されていることから熊野川河口に橋を架ける会などによって熊野川河口大橋(仮称)の建設が求められていた[3]2013年に救急医療活動の支援、渋滞緩和、災害時の救命活動や地域復興支援の寄与などを目的に熊野川河口大橋を含む新宮紀宝道路が事業化された。

新宮紀宝道路が計画されているルートには、紀宝町鵜殿地区の住宅地があり、周辺住民から生活環境の悪化や立ち退きの反対を理由に計画ルートの変更が要望されている[4]。この問題は紀宝町長選の争点としても挙げられたが、2018年1月28年に現職の西田健が当選したことにより現行の計画で事業が進められる予定である[5]。 2019年には、基本計画区間となっていた新宮紀宝道路に接続する両端の高速道路が事業化されたことで、紀伊半島一周の高速道路整備が決定した。早ければ、2035年度ごろに完成するとされている[要出典]

路線データ編集

道路の位置関係編集

近畿自動車道紀勢線
(大阪・和歌山方面) - E26 / E42 阪和自動車道 - E42湯浅御坊道路 - E42 阪和自動車道 - E42 紀勢自動車道 - E42すさみ串本道路 - E42串本太地道路 - E42那智勝浦新宮道路 - E42新宮道路 - E42新宮紀宝道路 - E42紀宝熊野道路 - E42熊野道路 - E42熊野尾鷲道路 - E42 紀勢自動車道 - (津・名古屋方面)

※は高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路を示す。

歴史編集

インターチェンジなど編集

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。施設欄の背景色がである部分は未開通区間または未供用施設を示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
E42 新宮道路 和歌山田辺方面
新宮北IC 和歌山県道231号あけぼの広角線 0.0 事業中 紀宝方面出入口 和歌山県 新宮市
紀宝IC 三重県道35号紀宝川瀬線 新宮方面出入口 三重県 紀宝町
紀宝IC 国道42号(紀宝バイパス) 2.4 新宮方面出入口
E42 紀宝熊野道路 ・尾鷲方面(事業中)

主な橋梁編集

  • 熊野川渡河橋 (814 m) - 予定

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 地域の念願 実現へ一歩前進 河口大橋が新規事業評価へ”. 紀南新聞 (2013年4月18日). 2014年3月24日閲覧。
  3. ^ 「命の橋」建設を 熊野川河口に橋を架ける会 国交省に対し要望”. 南紀州新聞 (2007年7月28日). 2014年3月24日閲覧。
  4. ^ 紀宝町長選の課題 「新宮紀宝道路」も争点に 現計画ルートか変更か”. 伊勢新聞 (2018年1月22日). 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ 紀宝町 「町政運営に責任感じる」 西田町長に当選証書 三重”. 伊勢新聞 (2018年1月30日). 2018年8月25日閲覧。
  6. ^ 防災や渋滞緩和に期待 新宮紀宝道の早期完成祈念 三重、和歌山両県知事ら”. 伊勢新聞 (2017年12月24日). 2018年8月25日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集