メインメニューを開く
新宿高野本店

新宿高野(しんじゅくたかの)は、東京都新宿区新宿三丁目(JR新宿駅東口)に本店を構える、果物の専門店である。1885年(明治18年)創業の老舗である。

目次

概要編集

株式会社新宿高野」が果物の販売や食品の製造・販売を、「株式会社タカノフルーツパーラー」がパーラーを含めた飲食店の運営を担当する、2社体制で経営を行っている。本社は東京都新宿区新宿三丁目26番11号の本店ビルに所在。

創業時は仲買・中古道具の取り扱いを本業とし[1]、果物の販売は副業であったが、1900年には果実類を本業とした「果実問屋・高野商店」の経営を始めた。1920年、看板商品である高級フルーツのマスクメロンを販売開始。1921年、フルーツパーラーの前身である「縁台サービス」を開始。1969年株式会社へ改組し新宿高野を設立。

店舗編集

新宿本店を含め、2011年現在関東に29店舗、関西に3店舗、名古屋に2店舗を展開する。主に大手の百貨店駅ビルに出店している。

支店については店舗情報を参照のこと。

新宿本店編集

  • 5F - タカノフルーツパーラー&フルーツバー
    • フルーツバーでは、フルーツやケーキなどのバイキングを時間制限ありで実施している。かつては男性のみの入場はできず、女性同伴で利用可能であったが、2018年6月1日より終日男性のみの入場ができるようになった[2]
  • B1F - タカノフルーツギフト
    • 国内唯一のマスクメロンの専門店。その他多くのフルーツも取扱う。
  • B2F - タカノオリジナルフード&ギフト
    • 旬のフルーツとそれを素材にしたオリジナル商品やケーキ、シャンパンなど。
  • 本店ビルの呼称は「新宿高野本店ビル」または「タカノビル」。通称「フレッシュターミナル」。地下4階地上8階建。

主な取り扱い商品編集

  • フルーツ - 本店や一部店舗で販売している。
  • 洋菓子 - 旬の食材を使用。本店および一部店舗では誕生日などにイラストを描いた特注ケーキの予約も受けている。
  • 果実ジャム - フルーツの特色を活かしたジャムを数多く取り揃える。紅茶などのフレーバーに使うのもいい。
  • 各種ギフト - ゼリーや焼き菓子など。
  • ワイン - 本店のみ取り扱いのある酒類。フルーツやデリカに合わせたワインなどの販売を行っている。
  • デリカ - サラダやパスタなど、本店では数多く取り揃える。一部店舗のみ、フルーツサラダの販売も行っている。
  • ジュース - 本店および一部店舗では、その場でフルーツをミックスしてジュースを販売している。

その他編集

  • 本店ビルを建替え中の新宿中村屋が高野本店ビル内で仮店舗を営業していた。
  • 新宿高野アクセントパーラーにおいて婦人衣料品も販売していたが、現在は廃業している。
  • 1983年-2005年には、新進の芸術家のための貸し画廊「ギャラリー新宿高野」を経営していた。
  • 紀伊國屋書店で本を買い、中村屋でカレーを食べ、高野でデザートをとるというパターンが、新宿の一つの遊び方であった。
  • 日本の生産農家には「銀座三越や新宿高野」で取り扱われれば一流とする評価があった。三越は専門店でないが三越の商品はすべて高級であるという意識が強かった。
  • 本店ビル前は1972-1985年度の路線価日本一だったが、1986年度以降は東京鳩居堂本店前(中央区銀座5丁目)に日本一を返上している[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新宿区総務部総務課『新宿区設立70周年記念誌「新宿彩物語」~時と人の交差点~』新宿区、2017年6月15日、51頁。
  2. ^ 新宿本店 フルーツバー”. 2019年6月15日閲覧。
  3. ^ 相続税と路線価”. 国税庁. 2013年10月22日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞 『「白いリンゴ」新宿デビュー 青森の女子高生が開発 2010年11月10日』[1]

外部リンク編集