メインメニューを開く

新小山市民病院(しんおやましみんびょういん)は、栃木県小山市大字神鳥谷にある地方独立行政法人の病院である。2次救急告示医療機関である[2]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 新小山市民病院[1]
Shin-Oyama City Hospital.JPG
情報
英語名称 Shin-Oyama City Hospital
前身 小山町国民健康保険直営診療所、下都賀郡市医師会病院
標榜診療科 内科・総合診療科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、心臓血管外科、内分泌代謝科、腎臓内科、神経内科、脳神経外科、外科、産科、婦人科、整形外科、眼科、小児科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、麻酔科、救急科、リハビリテーション科、放射線科、アレルギー・リウマチ科
許可病床数

300[2]


一般病床:300(うち稼働291)
開設者 地方独立行政法人新小山市民病院  理事長 島田和幸
管理者 島田和幸(病院長)
開設年月日 2016年(平成28年)1月4日[2]
所在地
323-0827
二次医療圏 県南
法人番号 6060005007830
特記事項

TEL : 0285-36-0200

FAX : 0285-36-0300
PJ 医療機関
テンプレートを表示
移転前の病院

沿革編集

昭和21年、小山町国民健康保険直営診療所として開設され(のち小山町国民健康保険病院と改称)、昭和43年に小山市立となる。昭和55年に下都賀郡市医師会病院と合併した際に小山市民病院となり、平成25年には地方独立行政法人に経営形態を変更し、新小山市民病院と改称した。 2016年(平成28年)1月4日に小山市若木町から小山市大字神鳥谷(ひととのや)に移転した。

年表編集

  • 1946年昭和21年):小山町国民健康保険直営診療所として開設(24床)
  • 1950年(昭和25年):小山町国民健康保険病院に改称(一般24床、結核14床)
  • 1968年(昭和43年):小山市立病院に改称(一般51床、結核24床、伝染24床)
  • 1980年(昭和55年):下都賀郡市医師会病院と合併、小山市民病院と改称
    • 本院(一般98床、結核12床、伝染24床)
    • 分院(一般222床)
  • 1983年(昭和58年):分院休止(一般212床、結核8床)
  • 1985年(昭和60年):総合病院となる(一般244床、結核8床)
  • 1988年(昭和63年):分院廃止
  • 1990年平成2年):南4階病棟休床(平成4年11月再開)
  • 1995年(平成7年):城南高校病院実習棟の建築
  • 1996年(平成8年):結核病床の一般病床への転床(一般330床、伝染10床、人間ドック12床)
  • 1997年(平成9年):院外処方箋発行開始
  • 1999年(平成11年):伝染病棟を感染症病棟へ転床(一般330床、感染症8床、人間ドック12床)
  • 2004年(平成16年):感染症棟廃止、健康健診センターを設置 (一般330床、人間ドック12床)
  • 2013年(平成25年):小山市民病院は地方独立行政法人に経営形態を変更し、新小山市民病院と改称
  • 2016年(平成28年)1月4日:小山市大字神鳥谷に移転、新病院開院[2]

保険指定施設編集

  • 保険医療機関(健康保険法国民健康保険法
  • 救急告示病院
  • 労災保険指定医療機関
  • 更生医療指定機関
  • 育成医療指定医療機関
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • 栃木県がん治療中核病院
  • 地域医療支援病院

診療科編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ "機能情報詳細表示"(2012年1月18日時点のアーカイブ)、とちぎ医療情報ネット、2009年9月25日閲覧
  2. ^ a b c d 平井隆昭 (2016年1月5日). “脳疾患の患者に24時間救急対応 新小山市民病院が開院”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 

外部リンク編集