メインメニューを開く

新山 響平(しんざん きょうへい、1993年11月2日 - )は、青森県八戸市出身の競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第107期生。師匠は坂本勉(競輪学校第57期生)。

兄の新山将史も競輪選手(競輪学校第98期生)[1]。また、元競輪選手の小笠原嘉(競輪学校第43期生)は伯父にあたる。

来歴編集

青森県立八戸工業高等学校[2]時代の2011年アジア自転車競技選手権大会のジュニア部門・チームスプリントで優勝に貢献。その後、日本大学へ進学するも中退した後、競輪学校へ入校[3]。在校競走成績は第10位(9勝)[4]だったが、同校卒業記念レースでは優勝した[3]

2015年

2016年

脚注編集

外部リンク編集