新川町 (愛知県碧海郡)

日本の愛知県碧海郡にあった町

新川町(しんかわちょう)は、かつて愛知県碧海郡にあったである。

しんかわちょう
新川町
1917年の新川町
1917年の新川町
廃止日 1948年4月5日
廃止理由 新規合併
現在の自治体 碧南市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
碧海郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 14,783
(1947年10月1日)
新川町役場
所在地 愛知県碧海郡新川町
座標 北緯34度54分13秒 東経136度59分39秒 / 北緯34.90358度 東経136.99406度 / 34.90358; 136.99406 (新川町)座標: 北緯34度54分13秒 東経136度59分39秒 / 北緯34.90358度 東経136.99406度 / 34.90358; 136.99406 (新川町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の碧南市の北部(山下町、松江町、田尻町、六軒町、丸山町、久沓町、堀方町、天王町、福清水町、道場山町、浅間町、山神町、新川町、篭田町、千福町、浜尾町、住吉町、金山町、東山町、西山町、鶴見町、相生町)に該当する(詳しくは碧南市の地名#旧新川町)。

油ヶ淵からの排水のために1705年宝永2年)に開削された新川が名称の由来であり、町域は新川北岸に位置していた。

沿革編集

  • 江戸時代末期、この地域は沼津藩領、寺社領などであった。
  • 1883年(明治16年)
    • 5月8日 - 棚尾村の飛び地であった、東山・西山が分立し、北棚尾村となる。
    • 11月28日 - 大浜村の一部(新川北岸)が分立し、北大浜村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 北大浜村と北棚尾村が合併し、北大浜村となる。
  • 1892年(明治25年)8月1日 - 北大浜村が町制施行、改称し新川町となる。
  • 1948年(昭和23年)4月5日 - 大浜町棚尾町旭村合併碧南市が発足。大浜町は廃止される。

教育編集

小学校編集

中学校編集

交通編集

神社・仏閣編集

観光・娯楽編集

1944年には明治航空基地の将校向けに特殊飲食店街が設置され、戦後には娼妓のいる花街となったが、1958年(昭和33年)の売春防止法施行に先立って1954年(昭和29年)から温泉街への転換が図られた[2]。ピーク時の1957年(昭和32年)には10軒の旅館があり、1958年(昭和33年)には映画館「浜劇」が開館した[2]。当初は知多湾に面していたが、埋め立てが進んだことで衣浦温泉街は廃れていった[2]
劇場・映画館。名鉄三河線新川町駅の北東の千福町にあった。1929年(昭和4年)に開館し、1978年(昭和53年)に閉館した。閉館後も新川キネマ通りの名に残っている[3]
劇場・映画館。新川駅西交差点から150m南にあった。1887年(明治20年)に開館し、1961年(昭和36年)に閉館した。1959年(昭和34年)9月26日の伊勢湾台風襲来時には三波春夫が当館で公演中だった[4]
衣浦温泉街にあった映画館。1958年に開館し、1970年代初頭に閉館した。

出身有名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 新川町 - 新川口の貨物線。1955年2月1日廃止。
  2. ^ a b c 衣浦温泉街 トボトボ歩く 碧南市
  3. ^ キネマ通り商店街振興組合 (PDF) 碧南市
  4. ^ 新盛座 トボトボ歩く 碧南市

関連項目編集