メインメニューを開く
画像提供依頼:試験走行中の画像の画像提供をお願いします。2018年11月

952形および953形は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が騒音微気圧波、地盤振動等の低減などの環境対策をさらに進めるため、1992年平成4年)に製作した高速試験用新幹線電車である。通常構造の非連接車952形4両と連接構造の953形5両で1編成を構成していた。愛称STAR21(スター21)で、Superior Train for Advanced Railway toward the 21st century(日本語訳:「21世紀の素晴らしい電車」)の頭文字をとって名付けられたものである。

新幹線952形・953形電車
STAR21
新幹線952形電車
新幹線952形電車
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
製造所 日本車輌製造日立製作所川崎重工業
製造年 1992年
製造数 1編成9両
運用開始 1992年3月27日
廃車 1998年2月17日
主要諸元
編成 9両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000 V 50 Hz
車体 アルミニウム合金
制御方式 VVVFインバータGTO
テンプレートを表示
新幹線952形電車
新幹線953形電車

構造編集

次世代車両製造時のデータ収集のため、車体には3種類の車体構造が試されており、車体は952形がアルミダブルスキン構造またはアルミハニカムパネル構造(952-4のみ)、953形がアルミハニカムパネル構造(953-1のみ)またはジュラルミンリベット構造[注釈 1]を採用している。また、先頭車形状が952形側と953形側で異なっていた。制御装置はJR東日本の新幹線電車としては初のVVVFインバータ制御を採用しており、インバータ装置で使用される半導体素子にはゲートターンオフサイリスタ (GTO) が使用された。

仕様編集

952形編集

  • 952-1 - 1号車。東京方の制御電動車。新製時は付随車で、1993年(平成5年)に速度向上試験に備え電動車に改造され、パンタグラフやパンタカバーも952-3から移設された[注釈 2]。横2+2配列の座席を設置。車体は大型押出形材を使用したアルミダブルスキン構造を採用している。2軸ボギー車。製造は日本車輌製造(952-2・3も)。
  • 952-2 - 2号車(改造後は3号車)。中間電動車。横2+2配列の座席を設置し、多目的室や車椅子対応トイレを配備。車体は大型押出形材を使用したアルミダブルスキン構造を採用している。2軸ボギー車。
  • 952-3 - 3号車(改造後は4号車)。中間電動車。横2+2配列の座席を設置。新製時はパンタグラフが搭載されており、1993年(平成5年)の改造の際に撤去された。車体は大型押出形材を使用したアルミダブルスキン構造を採用している。2軸ボギー車。
  • 952-4 - 4号車(改造後は2号車)。中間電動車。新製時は付随車で、1993年(平成5年)に電動車改造されてパンタカバー末端部を設置した。横1+2配列の座席が設置されグリーン車に相当する。車体はアルミハニカムパネルを使用したアルミハニカムパネル構造を採用している。2軸ボギー車。製造は日立製作所(953-1も)。

953形編集

  • 953-1 - 5号車。中間付随車。横2+2配列の座席を設置。車体はアルミハニカムパネルを使用したアルミハニカムパネル構造を採用している。953-2側の台車は連接構造だが、952-4との連結側の台車は通常のボギー台車。
  • 953-2 - 6号車。中間電動車。横2+2配列の座席を設置。車体はジュラルミンリベット構造を採用している。連接車。製造は川崎重工業(953-3・4・5も)。
  • 953-3 - 7号車。中間電動車。パンタグラフを搭載。2+2の座席を設置。車体はジュラルミンリベット構造を採用している。連接車。
  • 953-4 - 8号車。中間電動車。横2+2配列の座席を設置。車椅子対応多機能トイレや洗面所があった。車体はジュラルミンリベット構造を採用している。連接車。
  • 953-5 - 9号車。盛岡方の制御電動車。2+2の座席が設置。車体はジュラルミンリベット構造を採用している。連接車。

主要諸元編集

952・953形 主要諸元[1]
形式 952形 953形
編成番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9
車両番号 952-1 952-2 952-3 952-4 953-1 953-2 953-3 953-4 953-5
車種 制御車(Tc) 電動車(M) 電動車(M') 付随車(Ts) 付随車(T) 電動車(M) 電動車(M') 電動車(M) 電動車(M'c)
定員 56人 63人 72人 34人 56人 48人 48人 48人 46人
空車重量 30.0t 29.9t 33.2t 25.5t 19.4t 20.7t 21.4t 20.4t 27.0t
車体長 25,750mm 24,500mm 18,000mm 25,000mm
車体幅 3,100mm
車体高 3,500mm以下
台車 ボルスタレス方式
車輪径 800mm
軸距 2,250mm 2,500mm
台車間距離 17,500mm 18,500mm
主電動機 かご形三相誘導電動機(330kw)
編成出力 5,280kw
制御方式 VVVFインバータ制御GTO素子)
制動方式 電気指令式ブレーキ(回生ブレーキ併用)

運用実績編集

 
最高速度425km/hを達成を記念した表示
 
奈良工業高等専門学校に保存されている台車

1992年平成4年)3月27日から、東北新幹線仙台 - 北上間で走行試験を開始し、1993年(平成5年)12月21日上越新幹線越後湯沢 - 新潟間で試験中に燕三条駅付近で最高速度425km/hを達成している。試験終了に伴い、1998年(平成10年)2月17日付で廃車となった。

保存状況編集

先頭車2両のうち952-1がパンタグラフ&カバーを撤去した上で財団法人鉄道総合技術研究所風洞技術センター(滋賀県米原市)に、953-5が中間車953-1を連結された状態でJR東日本新幹線総合車両センター宮城県宮城郡利府町仙台市宮城野区多賀城市)に静態保存されている。また、奈良工業高等専門学校の敷地内に台車が保存され、実習に使用されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ アルミニウム合金の一種であるジュラルミンの外板と車体の骨組みに穴を開け、そこにリベッドを打ち込んで外板を車体の骨組に固定して組立てる構造であり、航空機の機体で使用されているセミ・モノコック構造である。
  2. ^ 新製時の段階で搭載スペースは確保されていた

出典編集

  1. ^ 中村達二 1992, p. 12-13.

参考資料編集

  • 中村達二「JR東日本 952・953形新幹線電車」『鉄道ファン』第32巻第6号、交友社、1992年、 11-17頁。