メインメニューを開く
新広益線(広島電鉄)
新広益線(石見交通)

新広益線(しんこうえきせん) は、石見交通が運行する広島県広島市と広島県安芸太田町北広島町島根県益田市を結ぶ高速バスである。昼行便が1日2往復運行されている。

なお、新広益線は石見交通での路線名称であり、かつて共同で運行していた広電バスでは単に広島 - 益田線と案内されていた。

概要編集

広島 - 益田間の高速バスは、広益線石見交通)が別経路で6往復運行されているが、本路線は、前記広益線の好調と国道191号の整備を受け、主に旧美都町からの要望により開設された路線である。広益線同様長距離特急バスとしての性格を有するため、全便自由席・トイレなし車両・クローズドドアシステム非採用(一部除く)となっている。

歴史編集

運行会社編集

かつての運行会社編集

  • 広島電鉄
    • バス事業本部・広島北営業課が1往復担当。石見交通担当分と合わせての2往復体制だった。

運行経路・停車停留所編集

太字は停車停留所(主要停留所のみ記載)。中筋駅と広島市内方向との利用は不可。

関連項目編集

外部リンク編集