メインメニューを開く

新庄直彪

新庄 直彪(しんじょう なおとら)は、常陸麻生藩の第13代藩主

 
新庄 直彪
Shinnjo Naotora.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 天保10年(1839年
死没 慶応元年7月4日1865年8月24日
改名 亀次郎(幼名)、直彪
戒名 紹慶院殿徳栄宗隆大居士
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
官位 従五位下、駿河
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
常陸国麻生藩
氏族 新庄氏
父母 新庄直計
正室松平康爵の養女(叔父新庄直行の娘
直𩑛

生涯編集

天保10年(1839年)、第12代主・新庄直計五男として江戸で生まれる。4人の早世したために世子となり、弘化2年(1845年)の父の死去により家督を継ぐ。

藩政においては、藩主就任直後に「御代替につき御条目」を制定して藩士・領民の風紀粛正を図った。嘉永元年(1848年)に鉄砲稽古場を築造して文武を奨励し、人材を取り立てるなどしている。嘉永3年(1850年)に江戸幕府に対して海防警備を提言する。嘉永4年(1851年)には学問所を開設し、8歳以上の男子の強制入学や30歳までの学問奨励などを義務付けた。

嘉永6年(1853年)のペリー来航では、幕府に対して開国拒否論を提言する。安政2年(1855年)12月16日、従五位下・駿河守に叙位任官する。安政5年(1858年)5月に大火による大被害を受けた。元治元年(1864年)、天狗党の乱水戸藩の抗争を鎮圧する功績を挙げた。

慶応元年(1865年)7月4日に急死する。享年27。跡を長男・直𩑛が継いだ。