新日本木村ボクシングジム

新日本木村ボクシングジム(しんにほんきむらボクシングジム)は、東京都中野区野方に所在するボクシングジムである。略称木村ジム新日本木村ジム新日本木村法人としての名称は株式会社新日本プロモーション。創始者は1980年代半ば日本プロボクシング協会会長も務めた木村七郎で、今日まで会長として経営に当たっている。

概要編集

1961年新橋駅近くに設立、高円寺駅近く、中野駅から徒歩15分の場所等を経て1995年6月22日に現在地に移転した。なお、中野の旧施設には移転前に引退した元所属赤城武幸山木ボクシングジムの前身山木ジム(当時キックボクシングジム)の支援で引き取り新日本福山ジムとして入居していた。

世界王者大熊正二を筆頭にこれまで世界・東洋太平洋・日本王者を合計15名輩出。

他の所属先で芽が出ず移籍してきた選手・練習生を素質を開花させ、今までに6人の移籍選手が日本タイトルを獲得している[1]

新日本グループ編集

新日本木村ジムを中心として全国に「新日本グループ」を構成している。

新日本グループ加入以前から「仙台ボクシングジム」として佐藤仁徳らスター選手を抱え同郷の木村が東京でのプロモートや練習に全面的な協力していた。

選手編集

ジム出身世界王者編集

主な現役選手編集

2015年B級トーナメント優勝

引退・契約解除した主な選手編集

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集