メインメニューを開く

新日本製鐵堺硬式野球部

新日本製鐵堺硬式野球部(しんにほんせいてつさかいこうしきやきゅうぶ)は、大阪府堺市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。ホームグラウンド(練習場)は、新日本製鐵堺製鐵所敷地内に存在した新日鐵堺球場

新日本製鐵堺硬式野球部
チーム名(通称) 新日本製鐵堺、新日鐵堺、新日本製鉄堺、新日鉄堺
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1966年
廃部 2008年1995年から休部)
チーム名の遍歴

  • 八幡製鐵堺 (1966 - 1969)
  • 新日本製鐵堺 (1970 - 1994)
本拠地自治体 大阪府堺市
練習グラウンド 新日鐵堺球場
都市対抗野球大会
出場回数 9回
最近の出場 1989年
最高成績 ベスト4
社会人野球日本選手権大会
出場回数 8回
最近の出場 1988年
最高成績 ベスト8
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

概要編集

1966年八幡製鐵堺製鐵所で『八幡製鐵堺硬式野球部』として創部[1]

1970年富士製鐵と八幡製鐵が合併し新日本製鐵が発足。これに伴い、チーム名を『新日本製鐵堺硬式野球部』に改称した。

1974年都市対抗野球に初出場し、松下電器から補強した山口高志の活躍もあってベスト4に進出した。翌1975年には、日本選手権にも初出場を果たした。

1980年代に入ると、1980年から5年連続で日本選手権1982年から4年連続で都市対抗野球に出場する。1981年には、JABA徳山大会で初優勝を達成している。1987年野茂英雄が入部すると、翌1988年都市対抗野球および日本選手権でベスト8、1989年都市対抗野球ではベスト4まで進出した。

1994年鉄鋼不況の影響から同年シーズン限りで室蘭野球部光野球部とともに堺野球部の休部を決定した[2]。年間約2億円という運営費がネックになったという[3]。シーズン終了後、部員27人のうち14人は名古屋野球部広畑野球部八幡野球部などに移籍した[4]

2003年、社会人野球の縮小を憂慮した当チーム出身の野茂英雄らによって、若い野球選手たちに活動の場を提供すべく新日鐵堺球場をホームグラウンドとするクラブチームNOMOベースボールクラブが設立された(現在は、本拠地を兵庫県豊岡市へ移転)。

2008年3月21日付けで、正式に解散となった[5]

沿革編集

  • 1966年 - 八幡製鐵堺製鐵所で『八幡製鐵堺硬式野球部』として創部。
  • 1970年 - 母体の合併により新日本製鐵が発足したのに伴い、チーム名を『新日本製鐵堺硬式野球部』に改称。
  • 1974年 - 都市対抗野球に初出場(ベスト4)。
  • 1975年 - 日本選手権に初出場。
  • 1994年 - 休部。
  • 2008年 - 解散。

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞、1994年7月27日付朝刊、大阪地方面
  2. ^ 1995年から、室蘭野球部は室蘭シャークス、光野球部は光シーガルズと改称しクラブチームとして活動を継続。
  3. ^ 毎日新聞、1994年8月8日付朝刊、大阪地方面
  4. ^ 毎日新聞、1995年10月8日付朝刊、大阪地方面
  5. ^ チーム情報 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2016年6月1日閲覧。

関連項目編集