メインメニューを開く

新春浅草歌舞伎(しんしゅんあさくさかぶき)は、例年正月浅草公会堂にて行われる松竹による歌舞伎興行である。1980年昭和55年)に「初春花形歌舞伎」として行われて以降恒例化し、その後は「若手歌舞伎役者の登竜門」として定着している[1]

概要編集

江戸時代には江戸随一の繁華街として栄えた浅草の町には、江戸三座が並び立った猿若町があり、その後の時代もショービジネスの中心地として認知されてきた。しかしながら歌舞伎の興行は途絶えており、近代における主要な歌舞伎興行元である松竹では1980年(昭和55年)に同地で「初春花形歌舞伎」を興行し、浅草での歌舞伎公演を復活させた。

また、公演される1月は歌舞伎座新橋演舞場国立劇場大阪松竹座、さらに年によっては名古屋御園座、京都南座博多座といった主要劇場でそれぞれ歌舞伎の公演が大々的に執り行われる[2] ため、浅草歌舞伎ではあえて次世代の花形候補を主役を含めた主要な役どころに配し、若手俳優の研鑽や実力発揮の機会として知られるようになった[3]

公演編集

主な出演俳優編集

※前出演時より襲名のない場合代数を省略

(出典[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「歌舞伎四百年新春浅草歌舞伎」この年より「新春浅草歌舞伎」と改称
  2. ^ 13・14日片岡愛之助休演のため和尚吉三を中村亀鶴・又替えで手代十三郎を澤村國久が代役

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集