メインメニューを開く

新春賞(しんしゅんしょう)は、兵庫県競馬組合園田競馬場で施行する地方競馬重賞競走である。兵庫県から優勝杯が贈呈されており、正式名称は「兵庫県知事賞典・新春賞」

新春賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 兵庫県競馬組合
競馬場 園田競馬場
創設 1959年
2019年の情報
距離 ダート1870m
格付け 重賞I
賞金 1着賞金600万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上
負担重量 ハンデ
出典 [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

毎年1月3日ハンデキャップ競走として行われる。年初に行われるため前年の評価には繋がらないが、1年の総決算の意味合いもあり毎年好メンバーが集まる。

アラブ系だけで行われていた時代は、1年に3つある古馬の2300メートルの重賞の1つだったが、1999年から距離が短縮され1800メートル、2000年からは馬場改修に伴い1870メートルとなった。出走条件は2003年まではアラブ4歳(全て現在の表記)以上、2004年はサラブレッド・アラブの4歳以上となり、2005年からはアラブ系の退厩に伴いサラブレッド系だけとなっている。

歴代優勝馬(2001年以降)編集

回数 施行年 優勝馬 性齢 斤量 所属 馬場 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 1着賞金
第43回 2001年 サンバコール 牡6 55.0 西脇 2:04.3 尾林幸二 西村守幸 藤井芳子 700万円
第44回 2002年 ハッコーディオス 牡5 61.0 園田 2:04.8 岩田康誠 清水正人 八田澄治 600万円
第45回 2003年 ミスターサックス 牡4 55.5 西脇 2:01.3 小牧太 佐々木勝彦 (有)トシノ 500万円
第46回 2004年 ホクザンフィールド 牡4 59.0 園田 2:01.0 小牧太 橋本忠男 木本弘孝 550万円
第47回 2005年 タイキアヴェニュー 牝5 53.0 西脇 2:00.8 寺倉純慈 大石省三 下崎仙次 500万円
第48回 2006年 ロードバクシン 牡8 57.0 園田 2:02.5 岩田康誠 曾和直榮 中村和夫 400万円
第49回 2007年 タガノインディー 牡8 57.0 園田 2:02.6 木村健 松尾一幸 八木良司 400万円
第50回 2008年 バンブージーコ 牡6 55.0 園田 2:02.5 中越豊光 渡邊幸生 (有)バンブー牧場 400万円
第51回 2009年 バンバンバンク 牡4 54.5 園田 2:01.2 木村健 田中範雄 上岡和男 400万円
第52回 2010年 キーポケット 牝6 54.0 西脇 2:03.2 吉村智洋 吉行龍穂 北前孔一郎 400万円
第53回 2011年 キヨミラクル 牡5 56.0 園田 2:01.8 川原正一 森澤憲一郎 森澤清子 400万円
第54回 2012年 クールフォーマ セ7 53.5 園田 2:00.9 三野孝徳 黒田隆男 川上哲司 400万円
第55回 2013年 ニシノイーグル 牡5 58.0 園田 稍重 2:03.4 川原正一 橋本和男 西野昇 400万円
第56回 2014年 ニシノイーグル 牡6 57.5 園田 2:02.7 川原正一 橋本和男 西野昇 350万円
第57回 2015年 エーシンスパイシー 牝5 54 園田 稍重 2:01.9 松浦聡志 橋本忠明 平井克彦 350万円
第58回 2016年 アクロマティック 6 54 園田 稍重 2:02.8 下原理 新子雅司 野田善己 350万円
第59回 2017年 エイシンニシパ 牡4 55 園田 2:01.9 吉村智洋 橋本忠男 平井宏承 500万円
第60回 2018年 マイタイザン 牡5 56.5 園田 稍重 2:03.6 杉浦健太 新井隆太 平野正行 500万円
第61回 2019年 エイシンニシパ 牡6 57 園田 稍重 2:03.0 吉村智洋 橋本忠明 平井宏承 600万円

各回競走結果の出典編集

出典・脚注編集

  1. ^ 平成30年度 第22回園田競馬 (PDF)”. 園田・姫路競馬場. 2019年1月1日閲覧。