メインメニューを開く

概要編集

豊臣秀吉の半生を描いたもの。「読売新聞」に1939年1月1日から1945年8月23日まで連載され中断。単行本は新潮社から1941-45年にわたり9巻まで刊行。1946-49年六興出版部から全11巻で刊行。小牧・長久手の戦いで終わっている。

映像化作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

新書太閤記(毎日放送)編集

新書太閤記
(1959年版)
ジャンル 時代劇
原作 吉川英治
脚本 田辺虎男ほか
監督 小野登ほか
出演者 石井一雄
制作 毎日放送第二東映
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1959年5月8日 - 同年7月31日
放送時間 金曜19:30 - 20:00
放送枠 テレビ朝日金曜7時30分枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 13

特記事項:
「日本歴史シリーズ」第2作。「放送期間」と「放送時間」はNET(現:テレビ朝日)のもの。
テンプレートを表示

1959年に小説と同名のドラマが放送された。『源義経』(南郷京之助主演版)に続く「日本歴史シリーズ」の第2作。制作は毎日放送。主演は1953年版映画に主演した石井一雄小野登の監督デビュー作。

関東地区は1959年5月8日から同年7月31日まで、NETテレビ(現:テレビ朝日)の毎週金曜19:30 - 20:00JST)に放送。毎日放送側では金曜19:00 - 19:30(JST)で放送、放送期間は不明。

スタッフ編集
キャスト編集


NETテレビ 金曜19時台後半枠
【日本歴史シリーズ】
前番組 番組名 次番組
新書太閤記
(1959年版)

太閤記編集

本作を原作として、1965年緒形拳主演でNHK大河ドラマ太閤記』が製作され、高視聴率を獲得した。

おおむね原作に忠実だが、原作に描かれていない秀吉の晩年も描かれている(原作は天下統一まで描かれていない)。

新書太閤記(NETテレビ)編集

新書太閤記
(1973年版)
ジャンル 時代劇
原作 吉川英治
脚本 池田一朗猪又憲吾
監督 降旗康男山崎大助
出演者 山口崇
制作 NETテレビ、東映東京撮影所
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1973年5月2日 - 同年9月26日
放送時間 水曜21:00 - 21:55
放送枠 テレビ朝日水曜夜9時枠時代劇
放送分 55分
テンプレートを表示

1973年5月2日から1973年9月26日にかけて、NETテレビ(現:テレビ朝日)系列にて小説と同名のドラマが放送された。NETテレビでは14年振りのドラマ化で、唯一の1時間作品となった。このドラマは東映東京撮影所の製作による。

当時の人気俳優・人気アイドルを抜擢して話題を呼んだが、同時期に同じ時代・舞台設定で大河ドラマ『国盗り物語』が放送されていた影響か、視聴率的には振るわなかった。番組タイトル(題字)を当時の内閣総理大臣でもあった田中角栄が書いている。

スタッフ編集
キャスト編集


NET 水曜21時枠時代劇
前番組 番組名 次番組
新書太閤記
女・その愛のシリーズ
※同作のみ現代劇

外部リンク編集