メインメニューを開く

新木場車両基地(しんきばしゃりょうきち)は、東京都江東区にある東京地下鉄(東京メトロ)の車両基地および車両工場の総称である。車両基地の和光検車区新木場分室(わこうけんしゃくしんきばぶんしつ)、車両工場の新木場CR(しんきば カーリニューアル<Car Renewal>)から構成される。最寄り駅は新木場駅

和光検車区新木場分室
東側には東京湾が広がる。建物の中に検車線がある。
検車庫

和光検車区新木場分室編集

1988年昭和63年)4月に新木場検車区準備事務所として発足し、5月に新木場検車区と正式に発足した。その後、2009年(平成21年)度に和光検車区に組織統合され、和光検車区新木場分室となった[1]

有楽町線の車両が留置されるほか、隣接する新木場CRへの入場のため、東西線5000系・同線用は全車廃車済)・千代田線半蔵門線南北線の車両が入区することがある。主な担当業務は列車検査、簡易修繕、車両故障対応と自動洗浄機による車体洗浄である[2]

車庫用地は、東京都港湾局が所有していたもので、1982年(昭和57年)から1983年(昭和58年)にかけて、当時の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が同局より約151億円で取得をした[3]。この車両基地は、有楽町線本線に加え、将来の豊洲分岐線用車両(東京直結鉄道)や同線と接続する構想の半蔵門線車両の車両基地としても使用できる[3]など、将来の計画も含めた多くの利点があった。

最終的な計画では、前述した計画路線用車両も含めた10両編成42本を収容できるようにされている。ただし、開業からしばらくは収容数の4分の1程度しか使用されていなかった。なお、和光検車区2008年6月の副都心線開業に伴い拡張工事をしたが、本検車区は有楽町線内ホームドア設置に伴う遅延対策として、2009年11月頃から検車区内の線路増設工事が開始されている。

また車両基地中央上部に、新木場緑道公園に続く公共横断歩道橋があるが、これは営団が東京都より車庫用地を取得した際の条件として設置されたものである。歩道橋の管理は東京都が行っている[3]

  • 敷地面積: 133,841m2
  • 車両留置能力: 110両

沿革編集

  • 1983年(昭和58年)5月 建設工事に着工。
  • 1988年(昭和63年)4月5日 新木場検車区準備事務所発足
  • 1988年(昭和63年)5月23日 新木場検車区業務開始
  • 1990年(平成2年)2月 新木場CR建設開始
  • 1991年(平成3年)12月 新木場CR稼動開始
  • 2009年(平成21年)度 和光検車区に統合され、和光検車区新木場分室となる。

車両基地設備編集

  • 計画当初の最終的な計画は以下のとおり
    • 検査、修繕庫 10両1線
    • 転削庫 1線
    • 車両洗浄台 10両3線
    • 車両自動洗浄機 2基
    • 引上線 10両4線
    • 留置線 10両38線
  • 新木場検車区発足当時の設備は以下のとおり
    • 検査、修繕庫 10両1線
    • 車両自動洗浄機 2基
    • 引上線 10両2線
    • 留置線 10両10線

所属車両編集

なし。有楽町線車両は全車和光検車区配置となっている。

新木場CR編集

 
7101Fが入場している様子
写真奥にはJR京葉線が通っている
 
入口側から見たCR(上の写真の反対側)

当初の計画では綾瀬検車区内の綾瀬工場の南側に更新修繕場を建築する計画であったが、その後の同所の予定施設では施工能力不足が予想されたため、本車庫内に更新修繕場が建設された[3]。この新木場CRは1991年(平成3年)12月から稼動している。

計画では日比谷線東西線も含めた千代田線以降の車両の改良工事も考慮されており、車両冷房工事(1994年で終了)・車両更新工事の年間施工能力は平均150両程度とされている。

設備は1番東側に整備線・修繕線(10両編成2本収容)を有し、その西側に入出場線が3本あり、それぞれは5両編成が3本留置できる。入出場線の奥にトラバーサーを挟み、さらに奥には艤装職場と解装職場(1両分割5線)がある。

主な業務は千代田線の6000系・有楽町線の7000系・半蔵門線の8000系の制御装置のVVVFインバータ制御化工事をはじめとした大規模改修工事と全線の車両の車輪嵌替(はめかえ)を担当している[2]

施工実績編集

入換車編集

初代編集

東西線で使用されていた5000系(5011Fの3両編成)が、自動入換試験車として使用されていた。東京メトロ発足後すぐの2004年度、下記の2代目の投入により解体されている。

2代目編集

 
2代目の入換車

千代田線のATC更新まで綾瀬~北綾瀬間で使用されていた5000系(セミステンレス車)の3両編成が、2004年(平成16年)3月6日に除籍されたのち、2代目の入換車として投入された。この車両は民営化時に営団マークが撤去されたが、東京地下鉄のマークは貼られなかった。2005年(平成17年)度初め頃(6月以前)に解体されたとみられる。その後、入換車は存在していない。

総合研修訓練センター編集

2016年4月1日に、敷地内に開設[4]

訓練線に3両編成対応の模擬駅2つ、10両編成対応の模擬駅1つ、訓練用橋りょうなどが設置されている。研修棟では各種機器や訓練用シミュレータなども完備。

安全繋想館には、営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故をはじめ、過去に営団・東京メトロを通じて発生した重大事故に関する資料も収蔵・展示されている。

訓練線編集

  訓練線
基本情報
  日本
所在地 東京都
種類 地下鉄(訓練用非営業路線)
路線網 東京メトロ
起点 センター西駅
終点 センター東駅
駅数 3駅(うち1駅は名前と線路だけ)
路線記号 K
路線色 グリーン
開業 2016年4月1日
所有者 東京地下鉄
運営者 東京地下鉄
車両基地 綾瀬検車区
使用車両 05系電車
路線諸元
路線距離 0.7 km
軌間 1,067 mm
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式 車内信号閉塞式
保安装置 新CS-ATC
ATO
最高速度 60 km/h
テンプレートを表示

訓練線(Training Line、総延長700m)は、東京メトロ初の営業路線に準じた訓練施設である。

文字通り訓練用の非営業路線であるが、駅ナンバリングラインカラーが付与されている。路線記号はKKunren)、ラインカラーは千代田線と同じ緑。

訓練車両編集

千代田線北綾瀬支線05系電車綾瀬検車区所属)ならびに先代の北綾瀬支線専用車両であった6000系電車1次試作車を用い、車内案内表示装置方向幕による案内表示も専用で用意されている。

駅一覧編集

駅番号 駅名 備考
K01 センター西駅 行き止まり式の終端駅。島式1面2線。
K02 センター中央駅 研修棟に隣接、島式1面2線、1番線はホームドア装備
K03 センター東駅 実際には駅はなく、名前と線路だけ[5]


引き込み線編集

当車両基地は東京湾荒川河口)付近に位置し、新木場駅からはかなり離れた位置にある。新木場駅からは複線の引き込み線で結ばれているが、この引き込み線は新木場駅折り返し列車の引き上げ線としても使用されている。引き込み線はJR京葉線に沿っており、高架であるが、道路と交差する部分以外での高架高さはかなり低い。

回送経路編集

有楽町線以外の車両の回送経路は下記の通りである。

その他編集

 
2004年の撮影会
 
2006年の撮影会
 
2009年の撮影会

検車区では、撮影会などが開催されたことがある。

  • 2004年(平成16年)9月26日
    • 千代田線の6000系・06系、有楽町線の7000系・07系、南北線の9000系、西武6000系、東武9050系のほか、半蔵門線の8000系(展示後隣接する新木場CRに入場しB修繕及びVVVF化改造を受けた)及び新木場CR入換車の5000系が展示された。
  • 2006年(平成18年)9月30日 - 10000系導入を記念した撮影会
    • 展示車両は10101F・07-101F・7101F(以上3本は並べて展示)、7119F、7129F(検修庫内)である。
  • 2009年(平成21年)6月6日 - 副都心線開通一周年を記念したイベント
    • 車両は、検車庫内に10000系、検車庫側から、10101F・7101F・西武6107F・東武51074Fと少し離れた場所に10121Fと休憩用の7121Fが展示された。
    • 検修庫内には10127Fがあり、側面見学、運転台見学(事前応募)、車両床下見学(事前応募)に使われた。

参考文献編集

  • 帝都高速度交通営団「東京地下鉄道有楽町線建設史」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京地下鉄「東京メトロハンドブック2009」参照。
  2. ^ a b 東京地下鉄「東京地下鉄道副都心建設史」837-839頁記事。
  3. ^ a b c d 帝都高速度交通営団「東京地下鉄道有楽町線建設史」参照。[要ページ番号]
  4. ^ 安田 剛 (2016年3月26日). “東京メトロ、総合研修訓練センターを公開”. トラベルWatch. インプレス. 2016年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  5. ^ 10両編成対応の模擬駅1つには、センター東駅と書いてある。(参考)[信頼性要検証]

関連項目編集