メインメニューを開く

新村 鋭男(しんむら としお、1936年昭和11年)8月8日 - )は、平成29年3月に株式会社モリタホールディングスの相談役退任[1]。過去には山一證券副社長、山一情報システム社長を歴任した[2]

来歴編集

  • 1936年昭和11年)8月8日 - 静岡県浜松市に生まれる[3]
  • 1959年(昭和34年)3月 - 早稲田大学政治経済学部学部卒業[3]
  • 1959年(昭和34年)4月 - 山一證券に入社[3]
  • 1990年平成2年)5月 - 山一證券代表取締役副社長に就任[2]
  • 1991年(平成3年)5月 - 山一情報システム社長に就任。[2]
  • 1997年(平成9年)2月 - 山一證券破綻。山一情報システムを母体として日本フィッツ(現CSKシステムズ)を設立。同社の代表取締役社長に就任。
  • 1998年(平成10年)5月 - モリタ(現モリタホールディングス)顧問に就任[4]
  • 1998年(平成10年)6月 - モリタ取締役に就任。
  • 1999年(平成11年)6月 - モリタ代表取締役社長に就任[4]
  • 2002年(平成14年)7月 - モリタ代表取締役会長兼社長に就任。
  • 2003年(平成15年)10月 - モリタエコノス代表取締役会長に就任。
  • 2004年(平成16年)6月 - モリタテクノス代表取締役会長に就任。
  • 2006年(平成18年)6月29日 - モリタ代表取締役会長に就任。
  • 2015年(平成27年)6月26日 - モリタホールディングス相談役に就任[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木亮 『人間発見』 日本経済新聞夕刊 平成25年(2013年)7月16日 11面
  2. ^ a b c 鈴木亮 『人間発見』 日本経済新聞夕刊 平成25年(2013年)7月18日 9面
  3. ^ a b c 鈴木亮 『人間発見』 日本経済新聞夕刊 平成25年(2013年)7月17日 4版9面
  4. ^ a b c 鈴木亮 『人間発見』 日本経済新聞夕刊 平成25年(2013年)7月19日 9面