新海面処分場

新海面処分場(しんかいめんしょぶんじょう)は、東京湾に所在する中央防波堤外側埋立地南側で新しく埋立が開始された埋立地で、A・B・C・D・E・F・Gブロックに分けられており、1998年平成10年)にAブロック 2003年(平成15年)にBブロックの埋立が開始された。2013年現在、東京23区最後の処分場でもある。

目次

歴史編集

  • 1998年(平成10年)にAブロックの埋立に着手
  • 2003年(平成15年)にAブロックの埋立終了。Bブロックの埋立に着手

面積編集

実質、中央防波堤外側埋立地の拡張として建設される。外側埋立地「その1」「その2」の間の海域がAブロック、「その2」の南側が北から順にB~Eブロック、「その1」の南側にF・Gブロックである。

  • 総面積(A~Gブロック):約480ha
  • A~Eブロック埋立面積(廃棄物):319ha
  • F~Gブロック埋立面積(浚渫・建設発生土):161ha

埋立処分場の残余年数編集

当初は30年程度と言われていた処分場寿命も、廃プラスチックのサーマル・リサイクルや焼却灰のスラグ化などにより、現在残余年数は概ね50年以上とされている[1]

埋め立てた後の利用編集

お台場有明大井のように埠頭・物流の拠点・公園ビル街観光地として整備される計画がある。ただし、埋め立て完了後の所属区は江東区大田区で帰属を巡って争っているため未定である[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集