新渡戸仙岳

日本の教育者、郷土史家

新渡戸 仙岳(にとべ せんがく、(1858年10月5日安政5年8月29日) - 1949年昭和24年)9月26日)は、日本の教育者郷土史家

経歴編集

1858年(安政5年)、陸奥国盛岡馬町(現在の岩手県盛岡市清水町)にある峯壽院住職の家に生まれる。曽祖父の新渡戸姫岳は与謝蕪村に学んだ俳諧師で、諸国を漫遊した[1]

盛岡藩藩校作人館に学んだ後、公立盛岡師範学校を経て初等教育者として歩み、県内各地の小学校に赴任し、1907年(明治40年)の盛岡高等女学校校長を最後に教職を辞したのちは、巖手日報主筆となり、その後、岩手県史編纂委員長、南部藩史編纂委員、史跡名勝天然記念物調査委員などを歴任、郷土史史料の収集にあたり、また1929年(昭和4年)には岩手毎日新聞の社長に就任している。

1949年(昭和24年)に収集した史料のほとんどを岩手県立図書館に寄贈し、「新渡戸文庫」として収蔵されている。

盛岡高等小学校(現在の盛岡市立下橋中学校)の教え子に石川啄木金田一京助米内光政などがおり、特に啄木については雑誌「小天地」を発刊した際に金銭的支援をし、自ら長い評論を寄せるなどその才能を買っていた。啄木の未完小説『馬町の先生』のモデルである[2]。啄木は1909年10月に妻が長女を連れて盛岡の実家に無断で帰った際、仙岳に妻帰宅の援助を求める手紙を送っている[3]

脚注編集

  1. ^ 第94回:新渡戸仙岳(にとべせんがく)” (日本語). 盛岡市公式ホームページ. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ 吉田孤羊 『啄木を繞る人々』改造社、1929年、238頁。 
  3. ^ 岩城之徳 『石川啄木伝』筑摩書房、1985年6月25日、234-235頁。 

参考資料編集

  • 青森県史編さん中世部会 『青森県史 資料編 中世 1 南部氏関係資料』青森県、2004年3月31日。 
  • 大宮利夫 『郷土史家人名辞典』内外アソシエーツ、2007年12月25日。ISBN 978-4-8169-2080-6 
  • 岩手放送 『新版 岩手百科事典』アイビーシー岩手放送、1988年10月15日。 

関連項目編集

外部リンク編集