メインメニューを開く

新潟ブルース』(にいがたぶるーす)は、1967年8月10日に発売された美川憲一の7作目のシングル

新潟ブルース
美川憲一シングル
A面 新潟ブルース
B面 信濃川慕情
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル クラウンレコード
作詞・作曲 山岸一二三(作詞)&水沢圭吾(補作詞)&
山岸英樹中川博之(作曲)
小杉仁三(編曲)
美川憲一 シングル 年表
ネオン化粧
(1967年)
新潟ブルース
(1967年)
湖畔のホテル
(1967年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 柳ヶ瀬ブルース」、「釧路の夜」と並ぶ、美川憲一のご当地ソングヒット曲のひとつである。
  • またこの曲は、黒沢明とロス・プリモスとの競作となった。なおロスプリモス盤のもう片面も美川盤と同じ信濃川慕情である。ただしロスプリモス盤ではA面は信濃川慕情であり、新潟ブルースはB面扱いとなっているものの、どちらも代表曲として知られておりベスト版には長年両曲とも収録されている事が多い。
  • 1981年に新録音版がシングルとして発売されており、67年版と比べるとやや軽い感じの仕上がりになっている。また同時期に瀬川瑛子もシングルとして発売している。瀬川盤のアレンジや節回しはロスプリモス版を踏襲している。
  • 1991年に録音されたバージョンも存在するが、シングル発売はされていない。こちらは67年のオリジナル版のアレンジを踏襲しているが、エレキギターが使われる等の現代的な演奏となっている。全曲集などのベストアルバムにはこちらが収録されている事も少なくない。
  • 2017年には新潟ブルース発売から50年を迎える。
  • 新潟駅萬代橋古町通など新潟の情景が歌詞に組み込まれている。
  • 作詞の山岸一二三と作曲の山岸英樹は地元・新潟出身の兄弟。
  • 補作詞の水沢圭吾は、中山大三郎の別名である。
  • 新潟県新潟市中央区下大川前通の萬代橋傍に『新潟ブルース』の歌碑がある。
 
新潟市政百周年記念で設立された、萬代橋下流側歩道の西詰袂に於ける『新潟ブルース』の歌碑

収録曲編集

オリジナル盤編集

  1. 新潟ブルース
    作詞:山岸一二三/補作詞:水沢圭吾/作曲:山岸英樹中川博之/編曲:小杉仁三
  2. 信濃川慕情
    作詞:山岸一二三/補作詞:水沢圭吾/作曲:山岸英樹/編曲:小杉仁三

1981年盤編集

  1. 新潟ブルース(新録音)
    作詞:山岸一二三/補作詞:水沢圭吾/作曲:山岸英樹・中川博之/編曲:小谷充
  2. 行きどまり
    作詞・作曲:加藤笑貫/編曲:小谷充

カバー編集

  • 1981年、瀬川瑛子(カバーシングル)
  • 1987年、八代亜紀(「演歌ベスト16」収録)
  • 1996年、里見浩太朗(アルバム「男の哀愁を唄う」収録)
  • 1999年、北川大介(カバーアルバム「北川大介《ご当地ソングを唄う》」収録)
  • 2012年、鳥羽一郎(「鳥羽一郎 昭和歌謡名曲集〜新潟ブルース・酒よ〜」)
  • 2017年、はやぶさ(カバーアルバム「はやぶさファースト」収録)
  • 2017年、純烈(カバーアルバム「恋してときめいて〜純烈が綴るムード歌謡の世界〜」収録)