メインメニューを開く

新潟産業大学(にいがたさんぎょうだいがく、英語: Niigata Sangyo University)は、新潟県柏崎市軽井川4730番地に本部を置く日本私立大学である。1988年に設置された。大学の略称は「産大」。 新潟県の私立四年生大学では最古の大学。

新潟産業大学
新潟産業大学.jpg
軽井川キャンパス本部

新潟産業大学の位置(新潟県内)
新潟産業大学
新潟産業大学 (新潟県)
新潟産業大学の位置(日本内)
新潟産業大学
新潟産業大学 (日本)
大学設置 1988年
創立 1946年
学校種別 私立
設置者 学校法人柏専学院
本部所在地 新潟県柏崎市軽井川4730番地
北緯37度20分4.2秒 東経138度35分34.4秒 / 北緯37.334500度 東経138.592889度 / 37.334500; 138.592889座標: 北緯37度20分4.2秒 東経138度35分34.4秒 / 北緯37.334500度 東経138.592889度 / 37.334500; 138.592889
キャンパス 軽井川キャンパス(新潟県柏崎市)
学部 経済学部
人文学部(2006年度に募集停止)
産業システム学部(2009年度に募集停止)
研究科 経済学研究科
附属柏崎研究所
附属モンゴル文化研究所
ウェブサイト 新潟産業大学公式サイト
テンプレートを表示

日本経済新聞社が実施した「地域貢献度」部門では、全国の755校の大学中、全国総合ランキングでは149位、新潟県内では3位、私立大学のみでは1位と上位大学である。

概観編集

1988年(昭和63年)、旧新潟短期大学を四年制へ改組再編する形で開学した。改組にあたって新潟県と柏崎市のほか、周辺の高柳町西山町(いずれも現在の柏崎市)、小国町(現在の長岡市)、出雲崎町刈羽村が設立経費の全額を負担しており、運営する学校法人柏専学院と地元自治体の「公私協力方式」によって設立された公設民営大学である。

附属学校として新潟産業大学附属高等学校を傘下に有する。

近年、大学側は2014年(平成26年)11月7日、県と柏崎市に対し公立大学法人への移行を求める要望書を提出している。

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

年表編集

  • 1947年昭和22年)3月 : 柏崎専門学校 開学が、3月31日づけで文部省から認可される[2]。学科は男子部経済科、女子部被服科。修業年限3年。
  • 1947年昭和22年)6月 : 柏崎専門学校 開学[3]
  • 1950年4月 : 学制改革により、柏崎短期大学に移行・開学
  • 1958年4月 : 新潟短期大学に改称
  • 1988年4月 : 新潟産業大学開学(経済学部経済学科)
  • 1989年(昭和64年/平成元年)3月 : 新潟短期大学閉学
  • 1994年4月 : 人文学部(環日本海文化学科)開設
  • 1995年10月 : 学園創立50周年記念式典
  • 2004年4月
    • 経済学部に産業学科開設
    • 大学院経済学研究科(経済分析・ビジネス専攻修士課程)設置
    • 人文学部環日本海文化学科を人文学部地域文化学科に改称
  • 2006年4月
    • 経済学部経済学科を経済学部経済経営学科と改称
    • 経済学部産業学科を産業システム学部産業学科へ改組
    • 経済学部に国際コミュニケーションビジネス学科新設
    • 人文学部地域文化学科の学生募集停止
  • 2009年4月
    • 産業システム学部産業学科の学生募集停止
    • 経済学部国際コミュニケーションビジネス学科の学生募集停止
    • 経済学部文化経済学科開設
  • 2018年8月 : 通信制高校など運営する企業ウィザスと、入学志望者確保のため、柏専学院として業務提携[4]

学部・学科編集

大学院編集

その他編集

  • 学園祭の名称は紅葉祭(こうようさい)
  • 強化指定部の水球、空手、卓球、ライフセービング部は全国大会の常連である。
  • 新潟県唯一の経済学の単科大学

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

交流・協定編集

附属学校編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沿革”. 新潟産業大学. 2019年5月7日閲覧。
  2. ^ 1947年5月7日文部省告示第70号
  3. ^ 認可上は4月開学である。6月は実際に授業等の開始である。
  4. ^ 「柏専学院、新潟産業大の学生確保へ ウィザスと提携」日本経済新聞』朝刊2018年8月31日(新潟経済面)2018年12月27日閲覧。

関連項目編集

外部サイト編集


この記事はプロジェクト:大学/大学テンプレート (日本国内)にしたがって作成されています。