新潟県立三条高等学校

新潟県立三条高等学校(にいがたけんりつさんじょうこうとうがっこう)は、新潟県三条市月岡地域に所在する県立高等学校である。愛称は三高(さんこう)。

新潟県立三条高等学校
Sanjou high school.jpg
過去の名称 新潟縣立 新潟中學校・三条分校
新潟縣立 三条中學校
国公私立の別 公立学校
設置者 新潟県の旗 新潟県
設立年月日 1901年(創立118年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(6学級)
高校コード 15144A
所在地 955-0803
新潟県三条市月岡1-2-1

北緯37度36分57.8秒 東経138度57分49.6秒 / 北緯37.616056度 東経138.963778度 / 37.616056; 138.963778座標: 北緯37度36分57.8秒 東経138度57分49.6秒 / 北緯37.616056度 東経138.963778度 / 37.616056; 138.963778
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

教育目標に「自主自律精神の涵養(かんよう)」と「情操豊かな人間性と創造力の育成」を掲げる。生徒に求める努力点としては「基本的生活習慣の形成」「学習意欲の向上と健康の増進」「集団意識の醸成と連帯感の育成」「友達、家族、地域、そして学舎を大切にする生徒」を挙げている[1]

校風は非常に自由である。制服については、標準服は有るものの事実上の私服校である。が、スマホ化粧は原則禁止。スマホは(あるいはロッカー)の中に電源オフにして入れていなければ基本没収、授業中使用者や常習犯保護者呼び出し有り。スカート丈は膝が全て出ない程度。服装は「高校生らしい服装」と定め、生徒自身に判断を委ねることで、社会進出後も自律した人間でいることを求めている。

三学期制

定期考査と赤点と留年編集

考査は一学期2回、二学期2回、三学期1回で年間計5回。赤点は100点中40点未満。平均点は数学が40点前後になることがしばしばだが、他の中心教科は50点から60点、補助教科は70点前後でマークシート式。

授業態度や課題提出度も加味された通知表でも赤点の場合、担当教諭の判断で、長期休暇中に補習で呼び出し、休暇明けに課題(プリント)提出、休暇明けの昼休みまたは放課後に合格するまで毎日小テスト、のいずれかを指定され、40点にギリギリ満たないくらいの評価に上げてもらえる。また、進級直前時点での成績で赤点が3つ以下なら、追試を行い、その結果により留年か進級か判断、それより多い場合はその時点で留年確定とされているが、実際には先に挙げた措置によって、追試すら行われない。が、出席日数が足りない場合のみ留年対象となる。

体育編集

授業内容編集

選択は希望者が過少な際は開講されないこと有り。剣道と器械体操は寒さからか不人気。

※尚、転入出による担当教師の変更により変動することがあるため、更新を要し、またあくまで参考までに。

体操服はDESCENTE(デサント)製。

沿革編集

学校行事編集

体育祭編集

毎年6月に開催される。生徒会が中心になって運営され、審判などは先生方によってなされる。軍は赤青黒の三軍に分かれる。スマホ使用公認のため、生徒たちのこの日の登校目的はもっぱら、応援団の衣装や各軍で配布されるTシャツ、同様にこの日限定公認の化粧やリボン、ラメなどでの記念撮影会である。

競技内容編集

など

球技大会編集

毎年7月、夏休み直前に2日間に渡り開催される。学年を跨ぐクラス対抗、トーナメント形式。競技は現在は基本的にバレーボールとドッジボールの選択。サッカーは昨今の気温上昇から配慮し中止され、今では行われていない。例外的に百人一首が行われた年もあった。生徒会が運営、審判など全面的に担当する。3年生が受験期を控えていることから、判定は忖度がなされることも多く、下級生から不満が噴出している。体育館使用の都合上、休憩時間が大半を占める。そのため教師から「見回りによる、スマホ使用の大量摘発が起こるかもしれない。」との脅しがあるが、実際にこの日の見回り及び摘発の事例は近年ないため、スマホ使用は事実上黙認されていると言える。また、他の行事同様に公認に変更となる可能性もある。

文化祭編集

毎年9月に開催される。3年に一度は「三高祭」として大規模な文化祭、三高祭に該当しない年は「九月祭」として小規模な文化祭となる。スマホ使用が公認された、三高生の遊びと文化部の実力発揮の日である。衣装や化粧も公認。

部活動編集

運動部編集

文化部編集

部室は運動部は部室棟に、文化部は校内にある。中でも、生徒会による文学部と漫画研究部と囲碁将棋部の扱いは酷く、部室棟から追放されたのち、定時制で使われていた小教室を三部で分割使用している。

現在は少子化の影響で、廃部の傾向にあり、創部も困難であるため、サークルが少数存在する。

著名な出身者編集

政治・行政・法曹編集

経済・財界編集

学者編集

文化・スポーツ編集

放送・メディア編集

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三条高等学校 学校長より”. www.niigata-h.nein.ed.jp. 2019年12月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集