新潟県立巻高等学校

新潟県立巻高等学校(にいがたけんりつ まきこうとうがっこう)は、新潟県新潟市西蒲区巻乙に所在する県立高等学校

新潟県立巻高等学校
Niigata Prefectural Maki High School 1.jpg
過去の名称 新潟県立新潟中学校巻分校
新潟県立巻中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 新潟県の旗新潟県
併合学校 新潟県立巻女子高等学校
設立年月日 1906年6月23日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 15112C
所在地 953-0044

北緯37度45分44秒 東経138度52分53.3秒 / 北緯37.76222度 東経138.881472度 / 37.76222; 138.881472座標: 北緯37度45分44秒 東経138度52分53.3秒 / 北緯37.76222度 東経138.881472度 / 37.76222; 138.881472
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
新潟県立巻高等学校の位置(新潟県内)
新潟県立巻高等学校

概要編集

旧制巻中学校を前身とする公立校。

部活動の合宿・研修・会合等に使用できる多目的施設「白楊会館」を有しており、そこには県立高校では現在唯一となった食堂が併設されている。食堂は学内で「学食」と呼ばれ親しまれている(ちなみに、食堂が開かれた当初、食堂のことを「ロビン」[1]と呼んでいた)。現在の校地が「桔梗ヶ丘」と称されていることから校章(帽章、バッジ)は桔梗にちなんで制定されている。

沿革編集

経緯編集

当校は旧制中学校以来の歴史を持つ男子校である(旧)県立巻高等学校と、高等女学校以来の歴史を持つ女子校である県立巻女子高等学校の、ふたつの学校を前身とする。この二校が統合して男女共学の(新)県立巻高等学校となった。

年表編集

巻高等学校編集

  • 1906年6月23日 - 新潟県立新潟中学校(現県立新潟高校)巻分校として設立認可。
  • 1907年3月6日 - 独立の新潟県立巻中学校として4月より開校することが認可される。
  • 1907年5月1日 - 授業開始。以後5月1日を創立記念日とする。
  • 1913年4月1日 - 県財政悪化のなか廃校の動きがあり、郡立に移管して西蒲原郡立巻中学校と改称。
  • 1913年3月25日 - 県立に復帰し再び新潟県立巻中学校となる。
  • 1948年 - 学制改革により(旧)新潟県立巻高等学校となる。
  • 1950年 - 新潟県立巻女子高等学校と統合し、男女共学の(新)新潟県立巻高等学校となる。旧巻中学を北校舎、旧巻女学校を南校舎とする。
  • 1952年 - 旧巻女子高より引き継いだ定時制課程を廃止。
  • 1970年12月22日 - 白楊会館竣工。
  • 1971年 - 白楊会館食堂竣工。
  • 1997年 - 被服科閉科。
  • 2006年 - 創立100周年。正門竣工。
  • 2011年 - 新校舎竣工。(旧校舎側にある白楊会館と2006年竣工の正門はそのまま残された。)

巻女子高等学校編集

  • 1913年4月12日 - 西蒲原郡立巻実科高等女学校として創立。
  • 1921年4月1日 - 西蒲原郡立巻高等女学校と改称。
  • 1922年4月1日 - 県立移管により新潟県立巻高等女学校となる。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により新潟県立巻女子高等学校となる。
  • 1950年3月31日- 新潟県立巻高等学校との統合に伴い廃校。

校歌・応援歌編集

  • 校歌:巻高等学校校歌作詞は相馬御風(1・2番)、竹内三一郎(3番)。
    ※校歌の1番は男声斉唱、2番は女性二部合唱、3番は混声三部合唱となっている珍しい校歌。これは旧制巻中学校の校歌(斎藤佳三作曲)を1番、巻高等女学校の校歌(弘田龍太郎作曲)を2番とし、さらにあらたに3番を加えて編曲したためである。この校歌は、在校生、OBともに人気が高い。
  • 応援歌:「桜花」、「白楊」、「高嶺の雪」、「若人」、「月日にかくる(迎歌)」
    ※この内、よく歌われる応援歌は「桜花」、「若人」である。
  • 愛唱歌:創立100周年記念として製作。

部活動編集

運動部編集

文化部編集

交通編集

※許可制でバイク通学可。通学距離は4km以上12kmまで。

主な出身者編集

政治・行政編集

経済編集

教育編集

芸術・文化・芸能編集

スポーツ編集

注釈編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集