メインメニューを開く

新潟県第4区(にいがたけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗新潟県第4区
衆議院小選挙区 新潟県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 新潟市秋葉区江南区(旧横越町亀田町域)・南区(旧白根市域)・北区(旧横越町域)、三条市加茂市見附市長岡市(旧栃尾市中之島町域)、南蒲原郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 菊田真紀子
有権者数 315,942人
1.33 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

歴史編集

新潟県県央地域の中核を担う三条市を中心とした選挙区。中選挙区制時代は旧新潟2区および旧新潟3区に跨っていた。

小選挙区制度移行前は旧栃尾市(現長岡市)出身の自由民主党渡辺秀央が地盤を築いて6選していたが、渡辺は自民党を離党したため、旧新潟2区で無所属で当選していた栗原博久(出身地は秋葉区)を入党させて公認候補として4区に擁立した。また、民主党も旧3区時代に日本社会党公認で2度の当選経験を持つ坂上富男を擁立し、1996年第41回衆議院議員総選挙は渡辺・栗原・坂上の三つ巴の争いとなったが、栗原がこれを制して当選して渡辺は落選。坂上は3位ながら比例で復活して議席を得た。その後、渡辺は自由党に入党して第18回参議院議員通常選挙比例区から立候補して当選している。

2000年第42回衆議院議員総選挙で自由党は元加茂市議会議員の菊田真紀子に渡辺の地盤を継承させて擁立。菊田は栗原に2,694票差まで迫ったが、自由党の比例北陸信越ブロックの獲得議席は1つしか無く、比例1位に一川保夫が掲載されていた為に、菊田は惜敗率では北陸信越ブロックでトップながら落選する事になった。また、民主党の坂上も比例復活も叶わず落選した。

2003年第43回衆議院議員総選挙民由合併によって菊田と坂上で活動している選挙区が重複したが、民主党は坂上を2区へと転出させ、坂上の地盤も菊田に集約させて選挙に臨んだ結果、菊田が初当選し栗原は比例にもかからず落選した。続く2005年第44回衆議院議員総選挙では自民党は栗原洋志(博久の長男)を立てたが、菊田がこれに比例復活を許さず当選。2009年第45回衆議院議員総選挙でも菊田が栗原に完勝し当選した。

政権交代の前に菊田を取り立てた渡辺秀央は民主党を離れ、自由党時代の上司小沢一郎2012年国民の生活が第一を立ち上げて民主党の議員を大量に引き抜いて離党したが、菊田はこれに同調せずに民主党に残留する事を選んだ。そして同年に行われた第46回衆議院議員総選挙で自民党は新人の金子恵美を擁立して、選挙は金子が当選し菊田は辛うじて比例復活で議席を維持した。2014年第47回衆議院議員総選挙でも金子が勝利し、菊田は比例当選した。

2017年第48回衆議院議員総選挙の直前の民進党希望の党合流構想に菊田は反発し、無所属での出馬を表明。これを受けて日本共産党社会民主党自由党新潟県連は相乗りして菊田に推薦を取り付け、野党共闘が成立した。また、かつて自民党の4区支部長であった栗原洋志が無所属での出馬を模索していたが、最終的に自民党の比例単独下位での立候補になった[1][2]。金子vs菊田の一騎打ちとなったこの選挙で菊田は金子に圧勝して3期ぶりに小選挙区で当選を決め、金子は比例復活もできずに落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:317,754人 最終投票率:64.07%(前回比:+10.78ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菊田真紀子47無所属112,600票
56.3%
――日本共産党社会民主党自由党新潟県連推薦×
金子恵美39自由民主党87,524票
43.7%
77.7%公明党推薦

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:316,172人 最終投票率:53.29%(前回比:-7.49ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子恵美36自由民主党77,137票
46.7%
――公明党
比当菊田真紀子45民主党74,073票
44.8%
96.0%
西沢博34日本共産党13,957票
8.5%
18.1%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:318,807人 最終投票率:60.78%(前回比:-12.51ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子恵美34自由民主党80,514票
42.6%
――公明党
比当菊田真紀子43民主党66,457票
35.2%
82.5%国民新党
栗原博久65日本維新の会32,181票
17.0%
40.0%
西沢博32日本共産党9,908票
5.2%
12.3%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:321,921人 最終投票率:73.29%(前回比:+1.28ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菊田真紀子39民主党144,230票
62.5%
――
栗原洋志38自由民主党82,826票
35.9%
57.4%
関谷剛38幸福実現党3,660票
1.6%
2.5%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:322,023人 最終投票率:72.01%(前回比:+4.49ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菊田真紀子35民主党114,843票
50.5%
――
栗原洋志34自由民主党93,971票
41.3%
81.8%
武藤元美48日本共産党18,503票
8.1%
16.1%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:321,244人 最終投票率:67.52%(前回比:-2.72ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菊田真紀子34民主党113,271票
53.4%
――
栗原博久56自由民主党83,880票
39.6%
74.1%
武藤元美46日本共産党14,776票
7.0%
13.0%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日 最終投票率:70.24%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
栗原博久53自由民主党72,604票
33.2%
――
菊田真紀子30自由党69,910票
32.0%
96.3%
坂上富男73民主党58,008票
26.5%
79.9%
武藤元美43日本共産党18,069票
8.3%
24.9%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
栗原博久49自由民主党85,743票
41.6%
――
渡辺秀央62無所属62,823票
30.5%
73.3%×
比当坂上富男69民主党42,144票
20.4%
49.2%
渡辺憲彦53日本共産党15,408票
7.5%
18.0%

脚注編集

関連項目編集