メインメニューを開く

新潮社文学賞(しんちょうしゃぶんがくしょう)は、新潮社1954年昭和29年)に新潮社四大文学賞のひとつとして設けた文学賞である。受賞者には記念品と副賞として賞金(第1回から第7回まで30万円、第8回以降は50万円)が授与された。1967年昭和42年)10月に新潮文芸振興会が設立されたのを期に終了し、1969年昭和44年)開始の日本文学大賞に引き継がれる形となった。

受賞作編集

第1回から第10回編集

第11回から第14回編集

選考委員編集

関連項目編集