メインメニューを開く

新版大岡政談』(しんぱんおおおかせいだん)は、1927年10月(昭和2年)から『東京日日新聞』(現在の毎日新聞)に掲載された林不忘連載小説邑井貞吉講談大岡政談』を元にして小説化したもの。『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』(後に『丹下左膳』と改題)、『新版大岡政談・魔像篇』などがある。

『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』は、マキノ・プロダクション東亜キネマ日活の3社がそれぞれ映画化し、とりわけ伊藤大輔監督・大河内傳次郎主演による日活作品が大ヒットし、原作では脇役だった隻眼隻手の怪剣士・丹下左膳を主役として大いに人気を博して時代劇の定番となった。このため原作の『鈴川源十郎の巻』の方が『丹下左膳』と改題されたほどである。『魔像篇』の方も『続大岡政談 魔像篇』『魔像』などとしてたびたび映画化されて、こちらも時代劇の定番となった。

映画編集

※「新版大岡政談」と題する映画はこの3作だけで、以降の映画化はすべて「丹下左膳」となっている。

外部リンク編集