メインメニューを開く

概要編集

1972年4月1日以降、札幌市北区となってからの位置は、北海道道277号琴似停車場新琴似線で、札幌市北区北○条西○丁目と接し、西では新川と接し、北西部では石狩市と接し、東に屯田と接する。

1955年(昭和30年)2月28日までは、琴似町の領域にあり、札幌市に入ったのは、同年3月1日からである。札幌市に合併後、札幌市の北の領域として、農地が徐々に宅地化されていった。また、新琴似の琴似栄町通以南の領域に、北26条から北40条まで「北40条西3丁目」のように条丁がつけられた。麻生地区が分離する。

2010年で、新琴似領域の人口は、58,639人である[3]。領域は、9.31km2である[3]

新琴似の北西部の一部は番地となり、宅地化が制限される市街化調整区域となっている。

条丁編集

おおよそ、「条」は1条から12条までとなっていて、おおよそ函館本線に近いほど、数字が若くなっている。

「丁目」は1丁目から17丁目となっていて、札沼線の南側が1丁目で、北側が2丁目以上で、数字が多大きくなるに従い、札沼線から離れる。

また、条丁に属さない番地がある。

町丁 郵便番号
新琴似1条1丁目~13丁目 001-0901
新琴似2条1丁目~13丁目 001-0902
新琴似3条1丁目~13丁目 001-0903
新琴似4条1丁目~17丁目 001-0904
新琴似5条1丁目~17丁目 001-0905
新琴似6条1丁目~17丁目 001-0906
新琴似7条1丁目~17丁目 001-0907
新琴似8条1丁目~17丁目 001-0908
新琴似9条1丁目~16丁目 001-0909
新琴似10条1丁目~17丁目 001-0910
新琴似11条1丁目~17丁目 001-0911
新琴似12条1丁目~17丁目 001-0912
新琴似町○番地 001-0915

公共施設編集

交通機関編集

鉄道編集

新琴似地区の駅

最寄の駅

現在は、新琴似の領域ではないものの、新琴似駅に近いので、乗り降りする新琴似地区住民が多い
  • JR北海道札沼線(学園都市線)新川駅
新琴似1条1丁目およびその近くでは、新琴似駅よりも近い

バス路線編集

新琴似地区を網羅。麻生駅(麻生バスターミナル)、札幌都心(札幌駅北海道中央バス札幌ターミナル)を結ぶ路線など。詳細は北海道中央バス新川営業所および北海道中央バス石狩営業所を参照。
麻生駅(麻生バスターミナル)から琴似栄町通を経由しJR琴似駅地下鉄琴似駅を結ぶ路線など。詳細はジェイ・アール北海道バス琴似営業所を参照。

道路編集

一般に「琴似栄町通」といわれている
一般に「新琴似四番通」「四番通」といわれている
  • 新琴似通
  • 新琴似一番通
  • 新琴似二番通
  • 新琴似三番通
  • 新琴似五番通
  • 新琴似六番通

歴史編集

擦文時代の住居跡が、現在の北大植物園付近から、麻生を通って篠路まで蛇行して下る旧琴似川沿いに800件ほど見つかっている。
屯田兵が入植。「新琴似」と呼ばれるようになる
私立新琴似小学校が開設される[4]
北海道製麻(後の帝国繊維、帝国製麻)琴似工場が札幌郡琴似村新琴似番外地(現在の麻生町域)に置かれ、操業を開始する
同年、安春川が開削される。
新琴似郵便局開設[4]
11月20日、国鉄札沼南線が開通し、新琴似駅開業する
琴似村が町制施行し「札幌郡琴似町新琴似」に。
3月1日、琴似町が札幌市に編入され「札幌市琴似町新琴似」なる
帝国製麻工場が閉鎖
北海道道277号琴似停車場新琴似線が舗装される
4月1日、麻生地区が町名変更され「札幌市琴似町字新琴似番外地」から「札幌市麻生町」に(麻生の誕生)
4月1日、札幌市が政令指定都市に移行し区制が敷かれ、「札幌市北区新琴似」となる。
8月20日、高架の駅として、新琴似駅の新しい駅舎が、開業する

脚注編集

  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ a b 新琴似 navi - 新琴似ってどんなところ
  4. ^ a b 札幌市立新琴似小学校ホームページ 学校・地域の歴史

外部リンク編集