メインメニューを開く

新田 一郎(にった いちろう、1960年 - )は日本法学者歴史学者東京大学大学院法学政治学研究科教授

中世日本の法制史の研究の他、相撲の歴史研究に関する著作がある。

経歴編集

相撲部入部。3年次、全国学生相撲選手権大会琉球大学の松田(のち大相撲・一ノ矢)と対戦した[1]
相撲部の活動のため自ら1年留年している。
  • 1986年 東京大学大学院人文科学研究科国史学専攻修士課程修了。
  • 1988年 東京大学大学院人文科学研究科国史学専攻博士課程退学。
  • 1988年 東京大学法学部助手。
  • 1991年 東京大学大学院法学政治学研究科専任講師。
  • 1993年 東京大学大学院法学政治学研究科助教授。
  • 2004年 東京大学大学院法学政治学研究科教授。
  • 2010年 日本相撲協会『ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会』委員に就任[2]

雑誌連載編集

  • 隔月刊誌『表現者』に15号から「閑窓相撲雑話」を連載している。

著書編集

単著編集

  • 『相撲の歴史』(山川出版社、1994年)ISBN 4-634-60400-0。講談社学術文庫、2010年
  • 『日本中世の社会と法 国制史的変容』 (東京大学出版会、1995年)ISBN 4-13-031156-5
  • 『日本の歴史(11) 太平記の時代』(講談社、2001年)ISBN 4-06-268911-1 。講談社学術文庫、2009年
  • 『中世に国家はあったか』(山川出版社、2004年)ISBN 4-634-54190-4
  • 『相撲のひみつ』(朝日出版社、2010年)ISBN 978-4-255-00514-0。イラスト曽根愛
  • 『相撲 その歴史と技法』(日本武道館、2016年) ISBN 978-4-583-11016-5

共編著編集

寄稿編集

  • 『ACADEMIC GROOVE―東京大学アカデミックグルーヴ』(東京大学/編)(東京大学出版会、2008年)ISBN 4-13-003330-1

連載編集

  • 「閑窓相撲雑話」(『表現者』(ジョルダン株式会社)第15号(2007年)から)

脚註編集

  1. ^ ヒヤ小林『一ノ矢 土俵に賭けた人生』183p
  2. ^ 特別調査委は相撲協会改革を独立委任せ 日刊スポーツ 2010年7月10日閲覧記事文中参照