メインメニューを開く

新田大作

新田 大作(にった だいさく、1924年4月17日[1] - 1986年8月17日[2])は、漢文学者。

東京生まれ。1948年東京帝国大学文学部中国哲学科卒業。実践女子大学文学部助教授、教授[3]

目次

著書編集

  • 『漢詩の作り方 近代日本漢詩論への序説』明治書院 作法叢書 1970
  • 『漢詩をつくろう』明治書院 2013
  • 大戴礼』明徳出版社 中国古典新書 1972
  • 『うるわしの日出づる国 中朝事実物語』木下翔逅絵 中朝事実刊行会 1988

共編・訳編集

  • 『中国古典文学大系 14巻 資治通鑑選』司馬光頼惟勤,石川忠久編 共訳 平凡社 1970
  • 『高等学校国語科教育研究講座 第11巻 漢文』増淵恒吉と責任編集 有精堂出版 1974
  • 『吟詠教本 年少篇』日本詩吟学院岳風会編 監修 笠間書院 1976
  • 『吟詠教本 漢詩篇』新田大作監修 日本詩吟学院岳風会編 日本詩吟学院岳風会  2006
  • 『全釈漢文大系 19 墨子 下』編 集英社 1977
  • 山鹿素行『中朝事實』編著 御在位六十年奉祝中朝事實刊行会 1985
  • 『中国思想研究論集 欧米思想よりの照射』編 雄山閣出版 1986
  • 『チャレンジ漢和辞典』福井文雅共編 福武書店 1991

論文編集

編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、830頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『漢詩をつくろう』著者紹介