メインメニューを開く

新田金山(にったかなやま)は、群馬県太田市金山町にある、八王子丘陵の東南にある標高235.8mの独立峰である。別名「金山」「太田金山」。ぐんま百名山に選定されている[1]

新田金山
Mount Nitta Kanayama view from Ota city office.jpg
太田市役所より望む
標高 235.8 m
所在地 日本の旗 日本 群馬県太田市
位置 北緯36度19分03秒
東経139度22分40秒
座標: 北緯36度19分03秒 東経139度22分40秒
新田金山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

山頂には「新田神社」や「金山城(国の史跡)」があり、足尾山塊、赤城山、榛名山、浅間山、富士山、筑波山、秩父連山らが眺望できる [2][3] 。南側下に太田市街地、北側下に北関東自動車道と同自動車道の太田桐生IC、東側下にイオンモール太田、西側下にはぐんまこどもの国が見え、さらには桐生市邑楽郡大泉町埼玉県熊谷市栃木県足利市まで見渡すことができる。麓には「子育て呑龍」で親しまれている大光院がある。

日本オリエンテーリング協会のパーマネントコースに指定されている[4]上毛かるたでは「お・太田金山子育て呑龍」の名で知られている。

万葉集にも「新田山」として次の二歌が詠まれている。

新田山(にひたやま) 嶺(ね)には着かなな 吾(わ)によそり 間(はし)なる児らし あやに愛(かな)しも」(巻14-3408)

「白遠(しらとほ)ふ 小新田山(をにひたやま)の 守(も)る山の 末(うら)枯(が)れ為(せ)なな 常葉(とこは)にもがも」(巻14-3436) 

目次

地形編集

地質編集

金山は八王子丘陵等とともに、足尾山地から渡良瀬川の断層によって切り離された分離丘陵群のひとつと考えられている。地質は山頂を中心とした部分が新生代第三系の金山流紋岩類で、これを北から取り囲むような形で馬蹄形に中生代の足尾層群が取り巻いている。金山北西端には中新世の強戸礫岩層・新第三系の薮塚累層湯ノ入凝灰岩部層が分布している。金山流紋岩類は流紋岩質火砕岩類で、熔結凝灰岩を含む火砕流堆積物から成りたっており、金山の主体部は金山流紋岩類3と呼ばれる熔結凝灰岩から形成され、金山各所の石切場跡などで柱状節理を見ることができる[5]

鉱物編集

金山の北東部、菅ノ沢遺跡で須恵器窯跡13基、鉄製炉(タタラ)3基とそれに関連する炭窯や工房跡、および7世紀中頃の古墳3基が見つかっている。製鉄炉は、半地下式であり、タタラによる鉄製鉄が行われていたのは、平安時代中期の10世紀頃と推定されている[6]新田次郎の小説『新田義貞』では、タタラを使用し新田義重の時代から武器を作っている説が取られている。金山山麓は古墳時代から平安時代にかけて全国的にも有数の窯業地帯であり、須恵器や埴輪の一大生産拠点であった。

動植物編集

動物相編集

小動物ではリスやホンドキツネ、ホンドタヌキ、イタチ、アナグマ、キュウシュウノウサギ、ホンシュウヒミズなどが確認されている[7]。 かつてはシカやサルも生息していたが、1910年(明治43)年ごろには絶滅した[8][9]。 両生類は、ニホンアカガエル、ヤマアカガエル、シュレーゲルアカガエル、アオガエル、少数のイモリなどが生息している[10]。 爬虫類では、イシガメ、クサガメ、ニホントカゲが少数生息。ヤマカガシ、ヒバカリ、タカチホヘビ、シマヘビ、アオダイショウ、ジムグリ、カナヘビが確認できる[11]。 鳥では、メジロ、キジ、シジュウカラ、ショウビタキ、モズ、ハヤブサ、アオバスク、フクロウ、ウグイス、カッコウ、アオゲラ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、セキレイ、サシバ、オオタカ、チョウゲンボウ、ハチクマ、ノスリ、ハヤブサ、ワシタカなど約100種類の野鳥が見られる[12][13][14]。 魚類・甲殻類は、ヨシノボリ、サワガニ、ヌマエビが確認されている[15]

植物相編集

全体的に赤松林に覆われているが、春にはヤマザクラ、ヤマツツジ、カタクリ、水芭蕉。夏にはクズ。秋にはキキョウ、ヤマハギが見られる[16]。他には、ヒカサキ、シラカシ、アラカシ、クヌギ、コナラも群生している。以前はマツタケも取れ徳川将軍家や皇室へ献上されていたが、1964(昭和39)年を最後に途絶えている[17]。 山頂付近には軍用植物が植えられており、タケ(矢竹用)、ウメ(食用)、みかん(食用)、カシ(槍柄用)、サイカチ(馬薬用)などが残っている[18]

観光編集

登山道編集

標高差は約200m。一年を通して登山ができる手軽な初級者向けのハイキングコースとなっている。東山ハイキングコース、西山ハイキングコース、北山ハイキングコースなどがあり、その他ルート上分岐はいくつも見られるが、登山の難易度は高くない山である[19] [20]

近隣の観光地編集

  • 金山の森キャンプ場
  • ぐんまこどもの国
  • 大光院
  • 金龍寺
  • 新田神社
  • 史跡金山城跡ガイダンス施設
  • さざえ堂
  • 親水公園

など

交通編集

東武太田駅(徒歩30分)大光院(徒歩5分)金龍寺(徒歩25分)モータープール(徒歩15分)山頂。

参考文献編集

  • 『群馬の山歩き130選』(上毛新聞社、1990)。
  • 『太田市史』(太田市、1996)。
  • 『野山を歩く100コース』(上毛新聞社、1998)。
  • 『群馬の山』(山と渓谷社、2002)。
  • 『ぐんま百名山 まるごとガイド』(上毛新聞社、2007)。
  • 『群馬県の山』(山と渓谷社、2010)。

関連項目編集

外部リンク編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ ぐんま百名山-群馬県ホームページ(2018.2.28アクセス)
  2. ^ 『野山を歩く100コース』、p.56
  3. ^ 『群馬県の山』、p.56。
  4. ^ 日本OL協会・常設コース一覧[1]2016.7.3アクセス。
  5. ^ 太田市役所「金山の地形と地質」[2]2016.7.9アクセス。
  6. ^ 太田の文化財「菅ノ沢遺跡」[3]2016.7.9アクセス。
  7. ^ 太田市役所「金山の動物と植物」[4]2016.7.9アクセス。
  8. ^ 『太田市史』p.278。
  9. ^ 『太田市史』によると同年にはイノシシも絶滅したとあるが、近年では八王子丘陵や金山、渡良瀬川河川敷周辺へ出没しており問題となっている。太田市公式HP農政部-農業政策課((注意!!イノシシ出没)(2018年3月10日アクセス) 。
  10. ^ 太田市役所「金山の動物と植物」[5]2016.7.9アクセス。
  11. ^ 『太田市史』pp.293-302。
  12. ^ 太田市「ハイキングガイド」(PDF)[6]
  13. ^ 太田市役所「金山の動物と植物」[7]2016.7.9アクセス。
  14. ^ 『太田市史』p.268。
  15. ^ 太田市役所「金山の動物と植物」[8]2016.7.9アクセス。
  16. ^ 太田市「ハイキングガイド」(PDF)[9]
  17. ^ 太田市役所「金山の動物と植物」[10]2016.7.9アクセス。
  18. ^ 『群馬の山』、p.134。
  19. ^ 『ぐんま百名山 まるごとガイド』、pp.26-27。
  20. ^ 『群馬の山歩き130選』、pp.108-109。