新田駅 (宮城電気鉄道)

日本の宮城県仙台市にあった宮城電気鉄道の鉄道駅(廃駅)

新田駅(しんでんえき)は、かつて宮城県仙台市(現在の同市宮城野区新田五丁目)にあった、現在の東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線の前身である宮城電気鉄道鉄道駅である。

概要編集

1928年昭和3年)5月15日、3年前に開業していた宮城電気鉄道線の新駅として設置された。同線は単線であり、当駅の構造も単式ホーム1面と待合室のみという小規模なものであった。所在地は、現在の仙石線・苦竹駅 - 小鶴新田駅(宮城電気鉄道当時は未開業)間の、梅田川左岸にある古宿踏切の東側に相当する(地図)。

太平洋戦争大東亜戦争)中の1943年(昭和18年)2月8日、西(仙台駅寄り)約0.5kmの梅田川右岸に苦竹駅(地図)が新設され、当駅は廃止された。駅移転の理由は、新駅至近に軍需工場・東京第一陸軍造兵廠仙台製造所(現・仙台駐屯地)が稼動していたことにあった。

隣の駅編集

宮城電気鉄道
宮城電気鉄道線
陸前原ノ町駅 - 新田駅 - 福田町駅