メインメニューを開く

新福音主義(しんふくいんしゅぎ、: Neo-evangelicalism ネオ・エバンジェリカリズム)とは、伝統的、正統的なプロテスタントキリスト教根本主義)の中で20世紀中旬より興った潮流である。
新福音主義は、分離主義の立場を採らない。また学問的なアプローチを持っている。

歴史編集

その代表は、世界的な福音主義w:Evangelicalism)の伝道者として認められるビリー・グラハムアメリカ合衆国の神学者カール・ヘンリー、世界的な福音主義神学者ジョン・R・W・ストット である。

自由主義神学キリスト教根本主義の間に新しい領域を開いた。

  • 自由主義神学は、神学的に正統ではないが、文化と学問においては定評がある。
  • キリスト教根本主義は、神学的に正統である反面、分離主義反知性主義を採ることがある。

新しい福音主義とは、正統的でありつつ、学問的である、世界に向けられた福音主義である。

最近では、ただ単に福音主義と呼ばれることもある。

関連編集

外部リンク編集