メインメニューを開く

新竹・台中地震(しんちく・たいちゅうじしん)は、1935年(昭和10年)4月21日午前6時2分、大日本帝国台湾新竹州南部の大安渓中流域(北緯24度21分、東経120度49分)を震源として発生した地震である。地震の規模はM7.1。新竹州と台中州を中心に大きな被害を出し、死者数は台湾史上最多となった。

新竹・台中地震
本震
発生日 1935年4月21日
発生時刻 午前6時2分
震央 台湾
規模    M7.1
最大震度    震度6
余震
最大余震 7月17日午前0時19分に発生したM6.2の余震
被害
死傷者数 死者3279人・負傷者11976人
被害地域 台湾
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示
新竹・台中地震

被害編集

被害は新竹州竹南郡、苗栗郡、大湖郡、台中州豊原郡、大甲郡に集中した。

  • 人的被害
    • 死者:3,279名
    • 負傷者:11,976名
  • 物的被害
    • 家屋全壊:17,927戸
    • 家屋半壊:11,446戸
    • 家屋大破:9,836戸
    • 家屋小破:15,583戸
    • 非住家の損害:6,893棟

最大の余震は、7月17日午前0時19分に後龍渓河口付近で発生したM6.2の地震である。

関連項目編集