メインメニューを開く

新米事件記者・三咲』(しんまいじけんきしゃ みさき)は、2005年から2006年までテレビ東京BSジャパン共同制作「水曜ミステリー9」で放送されたテレビドラマシリーズ。全2回。主演は菊川怜

新米事件記者・三咲
ジャンル テレビドラマ
脚本 戸田山雅司
演出 土方政人
都築淳一
出演者 菊川怜
東幹久
佐戸井けん太
山田明郷
小林すすむ
若村麻由美
エンディング エンディングテーマを参照
プロデューサー 岡部紳二(テレビ東京)
高橋萬彦
柳川由起子
制作 テレビ東京
BSジャパン
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2005年5月11日 - 2006年5月17日
放送時間 水曜 21:00 - 22:48
放送枠 水曜ミステリー9
放送分 108分
回数 2

目次

登場人物編集

光陽日報社社会部編集

杜乃三咲
演 - 菊川怜
県警記者クラブ記者。亡き父と同じ出版局への勤務を希望して入社したが、入社試験トップの才能を買われ、校閲部より神奈川県警記者クラブ担当へ異動。イチサン担(捜査一課と捜査三課を担当の略)。校閲をやっていただけに、言葉遣いについてはうるさく、「重箱の隅をつつく」ような部分がある。記憶力は抜群で、仕事の役に立っている。初めての取材で特ダネ記事をスクープする[1]
有沢浩之
演 - 東幹久
県警記者クラブ記者。イチサン担の「一番騎」。「仕切りの有沢」とも呼ばれる。先輩記者としての立場で、教育係として三咲とコンビを組む。取材に使用する車は、チェロキー[1]ハリアー[2]
野母義郎
演 - 佐戸井けん太
県警記者クラブキャップ。
佐田喜朔
演 - 山田明郷(第1作)
社会部長。
室戸幸吉
演 - 小林すすむ
遊軍記者。愛称「ムロさん」。
高峰帆波
演 - 若村麻由美(友情出演[1] → 回想出演[2]
県警記者クラブ記者。イチサン担のエースであり、「スクープのクイーン」とも呼ばれる。強力なネタ元を持つ。取材用の移動手段はバイク。

警察関係者編集

千島望
演 - 今村雅美(第1作)
神奈川県警広報課。定例会見の日時などを記者クラブに通知する事が主な勤務。彼女の一言が、取材ネタのヒントを与える事も。
蒲生田航紀
演 - 矢島健一
神奈川県警港中央警察署刑事課長。マスコミは彼の帰りを狙って、署内や捜査本部では話せない内容を聞き出そうとしているのだが、口は堅い。行動や態度でネタを提供する事があるが、事件解決のため意図的にマスコミを利用するためでもある。

杜乃家編集

杜乃恵介
演 - 益岡徹(第1作)
三咲の父。故人。光陽日報社社会部の記者だったが、真面目過ぎる性格のためか体調を崩した後は、出版部でエッセイや小説の校閲をしていた。「人の書いた文章には、その人の心や生き方が表れ、書いた人のみの文体が存在する」という考えの持ち主で、三咲に影響を与えている人物でもある。
杜乃千代子
演 - 池内淳子
三咲の祖母、恵介の母。自宅で着物の仕立て直しを承っている。

ゲスト編集

第1作「振り込めサギが招いた連続殺人〜湯けむり突撃取材で超(秘)ネタをゲットせよ!」(2005年)
第2作「耐震偽装サギ殺人事件」(2006年)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 2005年5月11日 振り込めサギが招いた連続殺人〜湯けむり突撃取材で超(秘)ネタをゲットせよ! 戸田山雅司 土方政人
2 2006年5月17日 耐震偽装サギ殺人事件 都築淳一

脚注編集

  1. ^ a b c 第1作
  2. ^ a b 第2作
  3. ^ プロフィール - オスカープロモーション(アーカイブ)
  4. ^ プロフィール - 希楽星
  5. ^ プロフィール - 大塚良重 オフィシャルサイト
  6. ^ プロフィール - キリンプロ
  7. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  8. ^ 出演作品 - 須永慶のホームページ
  9. ^ プロフィール - ミーアンドハーコーポレーション(アーカイブ)
  10. ^ プロフィール - RUF
  11. ^ プロフィール - キリンプロ(アーカイブ)
  12. ^ プロフィール - ハーヴェストプロダクション

外部リンク編集