メインメニューを開く

新納 忠臣(にいろ ただおみ)は、室町時代中期の武将島津氏の家臣。新納氏3代当主。

 
新納忠臣
時代 室町時代中期
生誕 不明
死没 文安6年2月29日1449年3月23日
別名 久臣
官位 近江守越後守
主君 島津忠国
氏族 新納氏
父母 父:新納実久
兄弟 大崎久吉久顕忠臣
北郷忠通
忠治忠匡、心萃夫人(島津忠国室)、肝付兼元
テンプレートを表示

略歴編集

2代当主・新納実久の子として誕生。

永享13年(1441年)、島津氏が室町幕府6代将軍足利義教より日向国に潜伏していた義教の弟・大覚寺義昭を討つよう命じられると、主君・島津忠国の命で樺山教久山田忠尚北郷持久本田重恒らと共に討伐に向かい、義昭を自害に追い込んだ。また忠国が弟・用久と対立した時には、忠国を諌めて用久と和解させている。

文安6年(1449年)、死去。家督は子・忠治が継いだ。なお、娘の一人は忠国に嫁ぎ、島津氏10代当主・立久を産んでいる。