新羅楽(しらぎがく)は、朝鮮新羅から日本に伝わった雅楽の一種である。

概要編集

「新羅楽」という言葉自体が登場するのは、『日本書紀』の天武天皇12年(683年)1月の

是の日に、小墾田儛(をはりだのまひ)及び高麗(こま)百済・新羅、三国(みつのくに)の楽(うたまひ)を庭(おほば)の中に奏(つかへまつ)

であるが[1]、『書紀』の允恭天皇42年(推定453年)1月、天皇の崩御の際に、新羅の王が知らせを聞いて驚き愁いて、調の船多数と様々な楽人を貢上した、難波津に到着した際には、素服を着て、御調を捧げて、種々の楽器を備えて、難波から京に至るまでに慟哭し、舞って歌ったりした[2]、とあるのが初出である。

正倉院御物の中に、新羅琴とその琴柱が保存されている。

楽師の数は職員令17では4人、『令集解』に引用されている雅楽大属尾張浄足説では、儛師・琴師各1名ずつ、令集解所収の職員令17の弘仁10年12月21日(ユリウス暦819年1月11日)の太政官符によると、各1名ずつに減らされたという。『類聚三代格』所収の斉衡2年12月21日(ユリウス暦856年2月1日)の太政官符では、儛師を停止し、かわりに五節儛師が設置されている[3]

続日本紀』によると、天平3年(731年)6月に「雅楽寮の雑楽生の員を定む」とあり、これにより楽生の数が決められている。それによると、新羅楽は4人であるが[4]、養老令では20人となっている。その内訳は嘉祥元年(848年)9月の格では琴生・儛生各10人。同年のうちにこれを各2人ずつとしている[3]

天平12年(744年)12月には聖武天皇美濃国不破郡の不破頓宮に行幸しており、帰りに美濃国府に立ち寄っているが、そこで夕方に飛騨楽と新羅楽を演奏させた、とある[5]。『続紀』には、霊亀元年7月に新羅人74家を美濃国に移籍し、席田郡を建てたともあり[6]、美濃国には新羅人が多く居住していたからである。

新羅楽は、平安時代には高麗楽百済楽とともに、左右両部制の右方高麗楽に吸収されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 、『日本書紀』巻第二十九、天武天皇下、12年正月18日条
  2. ^ 、『日本書紀』巻第十三、允恭天皇42年正月14日条
  3. ^ a b 岩波書店『続日本紀』2 p548補注11-10
  4. ^ 『続日本紀』巻第十一、聖武天皇、天平3年6月29日条
  5. ^ 『続日本紀』巻第十三、聖武天皇、天平12年12月4日条
  6. ^ 『続日本紀』巻第六、元明天皇、霊亀12年7月27日条

参考文献編集

  • 『日本書紀』(二)・(五)岩波文庫、1994年、1995年
  • 『日本書紀』全現代語訳(上)・(下)、講談社学術文庫宇治谷孟:訳、1988年
  • 『続日本紀』1・2  新日本古典文学大系12・13 岩波書店、1989年 - 1990年
  • 『続日本紀』全現代語訳(上)、講談社学術文庫、宇治谷孟:訳、1992年
  • 『岩波日本史辞典』p610、監修:永原慶二岩波書店、1999年

関連項目編集