メインメニューを開く

新美南吉児童文学賞(にいみなんきちじどうぶんがくしょう)は、日本の児童文学の賞の一つで、赤い鳥3賞(関連項目参照)と呼ばれた賞の一つ。『赤い鳥』の出身であり、宮沢賢治と並び称されながら30歳足らずで亡くなった童話作家新美南吉に敬意を評して1982年(昭和57年)に制定され、翌1983年から表彰が行われている。新美南吉の会(当時・新美南吉著作権管理委員会)が運営し、南吉の出身地である愛知県半田市も後援を行っていた賞である。2010年の第28回で終了[1]

前年1月1日から12月31日までに初版発行された新作が対象とされた[2]

歴代受賞作編集

脚注編集

関連項目編集