新聖書注解』(しんせいしょちゅうかい)は、1970年から1977年にかけていのちのことば社から出版された、福音派の総力をあげた聖書注解書の全7巻のシリーズ。新改訳聖書に基づいて書かれている。執筆者のほとんどは福音主義神学会の会員であった。この注解書の刊行は、福音主義神学会が福音派の神学的対話と神学的レベルアップに大きな役割を果たした[1]。改訂版として1巻本の『実用聖書注解』が1995年に出版された。

執筆者編集

旧約第一巻編集

旧約第二巻編集

旧約第三巻編集

旧約第四巻編集

新約第一巻編集

新約第二巻編集

新約第三巻編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中村敏『日本における福音派の歴史』いのちのことば社、2000年、218ページ

関連項目編集