新聞記者 (映画)

日本の映画作品

新聞記者』(しんぶんきしゃ)は、2019年公開の日本映画

新聞記者
監督 藤井道人
脚本 詩森ろば
高石明彦
藤井道人
原案 望月衣塑子「新聞記者」
河村光庸
製作 高石明彦
製作総指揮 河村光庸
岡本東郎
出演者 シム・ウンギョン
松坂桃李
本田翼
岡山天音
郭智博
長田成哉
宮野陽名
高橋努
西田尚美
高橋和也
北村有起哉
田中哲司
音楽 岩代太郎
主題歌 OAU「Where have you gone」[1]
撮影 今村圭佑
編集 古川達馬
制作会社 The icon(制作プロダクション)
スターサンズ(制作)
製作会社 『新聞記者』フィルムパートナーズ
配給 スターサンズ
イオンエンターテイメント
公開 日本の旗 2019年6月28日[2]
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 日本の旗 6億円(2020年3月)
テンプレートを表示

東京新聞所属・望月衣塑子の同名の完全フィクション作品を原案に脚色した[3][4]、若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクション。

監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン松坂桃李

あらすじ編集

ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカは、総理大臣官邸における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。

そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。彼女が調査を進めた結果、内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。

神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。神崎は彼の元上司だったのだ。立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。

キャスト編集

劇中座談会「官邸権力と報道メディアの現在」(特別出演)
劇中座談会を収録した書籍は『同調圧力』(2019年6月8日、角川新書9784040823027
映画公開を記念し、同メンバーによるシンポジウムが2019年6月17日・21日に開催された[7]

スタッフ編集

  • 原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)、河村光庸
  • 監督:藤井道人
  • 脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
  • 音楽:岩代太郎
  • 主題歌:OAU「Where have you gone」
  • 企画・製作:河村光庸
  • エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸、岡本東郎
  • プロデューサー:高石明彦
  • 共同プロデューサー:行実良、飯田雅裕、石山成人
  • 撮影:今村圭佑
  • 照明:平山達弥
  • 録音:鈴木健太郎
  • 美術:津留啓亮
  • 編集:古川達馬
  • 衣装:宮本まさ江
  • ヘアメイク:橋本申二
  • 演出補:酒見顕守
  • ラインプロデューサー:平山高志
  • 宣伝:KICCORIT
  • 配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
  • 制作プロダクション:The icon
  • 制作:スターサンズ
  • 製作幹事:VAP
  • 製作:『新聞記者』フィルムパートナーズ(VAP、スターサンズ、KADOKAWA朝日新聞社、イオンエンターテイメント)

製作編集

監督の藤井道人は、企画を持ちかけられた当時、新聞も読むタイプの人間ではなく、政治にも無関心だったために自信がなく、オファーを2回断っている[8]。製作段階では、新聞記者だけでなく、同じくらい官僚の人に念入りに取材してリアリティを追求したが、内閣情報調査室のことは誰に聞いても詳細はわからなかったと言う[8]

映画の内容から反政府というイメージを持たれかねないにもかかわらず、この難しい役の出演を承諾した松坂桃李に対して、その決断を評価する声があがった[9]。なお、松阪はこの映画を制作した制作会社The icon取締役の渡辺万由美が社長を務めるトップコート所属である。また、ヒロインの女性記者役に至っては引き受けてくれる女優が誰も居なかったため、しがらみのない韓国出身のシム・ウンギョンが選ばれたと報じられている[9][10]

評価編集

映画監督の是枝裕和は、「これは、新聞記者という職業についての映画ではない。人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ」とコメントを寄せた[11]

映画公開日前後から公式サイトが断続的にサーバーダウンして閲覧が難しくなる状況が発生した。特定のIPアドレスからシステムを使用した集中的なアクセスを受けていると公式から説明があり、サイバー攻撃ではないかという疑いも持たれた[12]

配給会社によると客層は従来の中高年層が徐々に増えてきており、全国42の劇場で売り切れとなっていたパンフレットも1万部の増刷が決定したという。

受賞編集

興行成績編集

2019年6月28日に全国143館で公開され、最初の週末となる6月29日と翌30日の全国映画動員ランキング初登場第10位となり、公開3日間の観客動員数4万9,871人、興行収入6,233万1,930円を記録し、1週目(6月28日〜7月4日)は累計で観客動員数10万6,807人、興行収入1億2,920万9,860円を記録した。

公開2週目の週末となる2019年7月6日と翌7月7日の2日間で観客動員数5万1,229人、興行収入6,485万8,230円を記録し、全国映画動員ランキングでは、10位から8位にランクアップした。また、初週末3日間の数字を2週目週末が上回り、動員対比102.9%、興収対比104.1%と好調な推移となった。

2019年7月8日には、公開から11日間の累計で観客動員数17万2,127人、興行収入2億1,055万5,640円となり、累計興行収入2億円を突破した。

2019年7月22日までに累計で観客動員数33万人、興行収入4億円を突破した。

日本アカデミー賞受賞後の凱旋上映も合わせた累計興行収入は6億円を突破した[21]

備考編集

制作総指揮のひとり、河村光庸は『新聞記者』の制作中、望月衣塑子自身を追ったドキュメンタリー映画を企画。映画が公開された年の11月15日、森達也監督による『i-新聞記者ドキュメント-』が公開された。制作・配給はスターサンズ[22][23]

脚注編集

  1. ^ “シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」主題歌はOAUの新曲”. 映画ナタリー. (2019年4月19日). https://natalie.mu/eiga/news/328677 2019年6月22日閲覧。 
  2. ^ “シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」の特報到着、公開は6月”. 映画ナタリー. (2019年2月14日). https://natalie.mu/eiga/news/319837 2019年6月22日閲覧。 
  3. ^ “シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」に“菅官房長官の天敵”望月衣塑子が出演”. 映画.com. (2019年5月22日). https://eiga.com/news/20190522/14/ 2019年6月22日閲覧。 
  4. ^ “【松坂桃李】批評家が絶賛 映画「新聞記者」が暴いた安倍政権の“暗部””. 日刊ゲンダイDIGITAL (株式会社日刊現代). (2019年6月21日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/256538 2020年1月25日閲覧。 
  5. ^ a b “松坂桃李「こんな経験は初めて」 社会派サスペンス「新聞記者」に「言葉見つからず」”. 映画.com. (2019年6月4日). https://eiga.com/news/20190604/19/ 2019年6月22日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “本田翼、“初共演”松坂桃李と夫婦役! 『新聞記者』新キャスト”. シネマカフェ. (2019年3月11日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/03/11/60647.html 2019年6月22日閲覧。 
  7. ^ 映画「新聞記者」公開記念 「官邸権力と報道メディアの現在」を語るシンポジウム のチケット情報”. ぴあ. 2020年3月18日閲覧。
  8. ^ a b 共感シアター:映画『新聞記者』公開記念生放送「権力とメディアと映画の裏側」”. MOVIE MARBIE. 2019年7月6日閲覧。
  9. ^ a b “松坂桃李主演映画「新聞記者」の女性記者役決定が超難航した“理由””. アサ芸プラス (徳間書店). (2019年7月3日). https://www.asagei.com/excerpt/129364 2020年1月25日閲覧。 
  10. ^ 「新聞記者」日本アカデミー賞の理由と地上波で放送される日”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2020年3月10日). 2020年3月11日閲覧。
  11. ^ “是枝裕和が「新聞記者」にコメント寄せる「保身を超えて持つべき矜持についての映画」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月26日). https://natalie.mu/eiga/news/337201 2020年1月25日閲覧。 
  12. ^ 『新聞記者』にサイバー攻撃? 映画公式サイトがサーバーダウン「特定のIPアドレスから集中的なアクセス」”. ハフポスト (2019年7月3日). 2019年7月4日閲覧。
  13. ^ “最優秀女優賞に蒼井優、前田敦子 第11回TAMA映画賞”. シネマトゥデイ. (2019年10月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0111507 2019年10月10日閲覧。 
  14. ^ “新藤兼人賞2019、金賞はドキュメンタリー「東京干潟」「蟹の惑星」の村上浩康へ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月25日). https://natalie.mu/eiga/news/356817 2020年2月13日閲覧。 
  15. ^ “作品賞は藤井監督自信の「新聞記者」/映画大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912110001086.html 2020年1月25日閲覧。 
  16. ^ “日本アカデミー賞の優秀脚本賞に詩森ろば、高石明彦、藤井道人の「新聞記者」”. ステージナタリー. (2020年1月15日). https://natalie.mu/stage/news/363258 2020年1月17日閲覧。 
  17. ^ “シム・ウンギョン、映画『新聞記者』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞”. 朝鮮日報. (2020年1月17日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/17/2020011780002.html 2020年1月17日閲覧。 
  18. ^ “神木隆之介、吉沢亮、横浜流星、橋本環奈らが新人賞「2020年 エランドール賞」発表<受賞一覧>”. モデルプレス. (2020年1月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1939344 2020年1月17日閲覧。 
  19. ^ “「蜜蜂と遠雷」毎日映画コンクールで大賞、成田凌とシム・ウンギョンが主演賞に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月22日). https://natalie.mu/eiga/news/364019 2020年1月23日閲覧。 
  20. ^ 東京新聞映画賞に「新聞記者」 原案は本紙記者” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月11日閲覧。
  21. ^ 虚構の文脈で、現実を斬る――『新聞記者』が社会派映画にもたらした「若き感性」2020年4月3日 Y!ニュース
  22. ^ 石川智也 (2019年11月12日). “望月衣塑子はタブーなのか? 森達也、新作『i』でメディアの忖度に迫る”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/and_M/20191112/7262093/ 2019年11月26日閲覧。 
  23. ^ 映画『i-新聞記者ドキュメント-』 | 11月15日(金)全国公開

関連項目編集

外部リンク編集