新藤兼人賞

新人映画監督に贈られる日本の映画賞

新藤兼人賞(しんどうかねとしょう)は、新人映画監督に贈られる日本映画賞日本映画製作者協会 (協同組合)に所属する現役プロデューサーが「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点からその年度で最も優れた新人監督を選ぶ。他の映画賞とは全く違う選考基準を持ち、現役プロデューサーのみが審査員をつとめる日本で唯一の新人監督賞。1996年に「最優秀新人監督賞」として始まり、2000年より新藤兼人監督の名前を冠して現在の名称となる。受賞者には新藤兼人オリジナルデザインのトロフィーと賞金が与えられる。

新藤兼人賞
受賞対象新人映画監督
開催日12月第一金曜日
会場如水会館(2014年まで東京會舘
日本の旗 日本
主催日本映画製作者協会 (協同組合)
報酬正賞:新藤兼人オリジナルデザイントロフィー・副賞:賞金
初回1996年
最新回2020年
最新受賞者HIKARI37セカンズ
公式サイトhttps://www.nitieikyo.com/shindokanetoawards

プロデューサー賞は「優秀な作品の完成に大きな貢献を果したプロデューサーまたは企画者」に与えられる。2005年の創設から2014年までは私的録画補償金管理協会(SARVH)の委託を受ける形の賞だったため「SARVH賞」と呼ばれていたが、SARVHの解散に伴い2015年より本賞の一部門として「新藤兼人賞 プロデューサー賞」となった。

毎年12月の第1金曜日に授賞式が開催されている。

受賞者一覧編集

1996年編集

1997年編集

1998年編集

1999年編集

2000年編集

2001年編集

2002年編集

2003年編集

2004年編集

2005年編集

2006年編集

2007年編集

2008年編集

2009年編集

2010年編集

2011年編集

2012年編集

2013年編集

2014年編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

関連項目編集

外部リンク・出典編集