メインメニューを開く

新藤 風(しんどう かぜ、1976年11月20日[1] - )は、日本映画監督。映画監督新藤兼人は祖父、映画プロデューサーで近代映画協会社長の新藤次郎は父、DDTプロレスリングリング・アナウンサー新藤力也は兄である。女優乙羽信子は、義理の祖母(祖父・新藤兼人の再婚相手)になる。日本映画学校映像科撮影・照明コース卒業。

しんどう かぜ
新藤 風
生年月日 (1976-11-20) 1976年11月20日(43歳)
出生地 日本の旗 神奈川県[1]
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビ
活動期間 1998年 -
著名な家族 新藤兼人(祖父)
新藤次郎(父)
新藤力也(兄)
テンプレートを表示

人物・経歴編集

神奈川県出身。神奈川県内の私立高校を経て、1995年に日本映画学校(現・日本映画大学)映像科撮影・照明コース 入学、1998年3月卒業。[2][3][4]

2000年 フジテレビの番組『つんくタウン』番組内企画に応募し、『LOVE/JUICE』を製作。同作で、ベルリン国際映画祭新人作品賞「ウォルフガング・シュタウテ」受賞。2001年新藤兼人賞金賞受賞。

祖父・新藤兼人の晩年を共に過ごした風は、29歳から兼人と6年間同居し、シナリオ執筆の補助や外出、撮影現場に付き添い、身の回りの世話など、公私ともに祖父を支えた[5][6]

主な作品編集

映画編集

監督
監督健康管理
監督補佐
助監督

テレビ編集

演出
取材・構成
  • 新藤兼人の大老人日記(1999年3月、NHK教育テレビ)

脚注編集

  1. ^ a b 新藤風監督「かけがえのない人」祖父兼人監督を語る”. 日刊スポーツ (2017年1月29日). 2018年12月13日閲覧。
  2. ^ 2001年07月12日 新藤 風(映画監督) CX「つんくタウン」から生まれた劇映画「LOVE/JUICE」について話そう”. PEC(Professional Education Center) (2001年7月12日). 2018年12月13日閲覧。
  3. ^ 第66回毎日映画コンクール・スタッフ部門で卒業生3名受賞!”. 日本映画大学 (2012年1月19日). 2018年12月13日閲覧。
  4. ^ 《第261回新宿セミナー@Kinokuniya》『スクリーンの向こうに 新藤兼人の遺したもの』”. 紀伊國屋書店 (2015年2月26日). 2018年12月13日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞2010年6月9日夕刊
  6. ^ 新藤風監督、偉大な祖父・新藤兼人監督の死から約5年「やっぱり映画を撮りたいという気持ちに」”. 宅ファイル便 連載 ひと (2017年2月6日). 2018年12月13日閲覧。
  7. ^ “安藤サクラ出演「島々清しゃ」、沖縄舞台に音楽を通じて変化する少女描く”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204356 2016年10月7日閲覧。 

外部リンク編集