メインメニューを開く

新論』(しんろん)は、後漢はじめの桓譚(かんたん、は君山)による書物。本来は29篇あった。現存しないが、の厳可均による輯佚書が存在する。後漢の学者の合理思想を示す書物として知られる。

成立編集

後漢書』桓譚列伝によると、後漢のはじめに桓譚が当時の物事を論じた著書である『新論』29篇を光武帝に進上した。しかし琴道篇は未完成であったので、後に章帝班固に命じて補足させた。

構成編集

『後漢書』桓譚列伝の章懐太子注によると、本来は以下の諸篇からなっていた。

  • 本造
  • 王覇 上・下
  • 求輔 上・下
  • 言体 上・下
  • 見徴 上・下
  • 譴非 上・下
  • 啓寤 上・下
  • 祛蔽 上・下
  • 正経 上・下
  • 識通 上・下
  • 離事 上・下
  • 道賦 上・下
  • 弁惑 上・下
  • 述策
  • 閔友
  • 琴道(冒頭の1章のみが桓譚による。残りは班固の補作)

『新論』が29篇であるという『後漢書』の記載にくらべて1篇少ないが、厳可均は別に目録があったのだろうという。

輯佚編集

『新論』は完全な形では現存していないが、『後漢書』桓譚列伝などの注に引用されており、また類書や『群書治要』『意林』のようなダイジェスト本にも収録されているため、残った文はかなり多い。

厳可均『全上古三代秦漢三国六朝文』のうち『全後漢文』の巻13・14・15に輯佚されている[1]

形神編集

僧祐『弘明集』巻5に収録されている「桓君山『新論』形神」条は、霊魂の不滅に関する桓譚の考えを示すものとして有名である(厳可均は祛蔽篇に含める)[2]。この論の中で、桓譚は精神と肉体の関係を、火と燭との関係にたとえた。

桓譚を高く評価していた王充の『論衡』論死篇にもこの思想は引きつがれ、人が死んでも知が残るというのは、火が消えても光が残るというようなものだとして批判した[3]

この理論はのちに仏教を攻撃するのに用いられた。これに対する仏教側の反論として慧遠の神不滅論(『沙門不敬王者論』に見える)などが有名である。

評価編集

合理主義者として知られる王充は『論衡』で『新論』を非常に高く評価している[4]

脚注編集

  1. ^ 厳可均『全後漢文』巻13-16。
  2. ^ 僧祐『弘明集』5。
  3. ^ 『論衡』論死「人之死、猶火之滅也。火滅而燿不照、人死而知不惠、二者宜同一実。論者猶謂死有知、惑也。人病且死、與火之且滅何以異?火滅光消而燭在、人死精亡而形存。謂人死有知、是謂火滅復有光也。」
  4. ^ 『論衡』超奇「桓君山(中略)又作『新論』、論世間事、辯照然否。虚妄之言、偽飾之辞、莫不證定。」ほか多数

外部リンク編集