メインメニューを開く

新谷 尚紀(しんたに たかのり、1948年11月18日[1] - )は、日本の民俗学者国立歴史民俗博物館総合研究大学院大学名誉教授。國學院大学大学院客員教授。

目次

経歴編集

広島県生まれ。広島新庄中学・高等学校を卒業し、1971年早稲田大学第一文学部史学科卒業、1977年同大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。1998年「死・葬送・墓制をめぐる民俗学的研究」で慶應義塾大学社会学博士山村女子短期大学助教授[2]、国立歴史民俗博物館助教授、教授、総合研究大学院大学教授、2010年定年退官、名誉教授、國學院大学文学部教授[3]。2019年定年退職。

著書編集

  • 『生と死の民俗史』木耳社 1986
  • 『ケガレからカミへ』木耳社 1987
  • 『両墓制と他界観』吉川弘文館(日本歴史民俗叢書) 1991
  • 『日本人の葬儀』紀伊国屋書店 1992 新版2011
  • 『死と人生の民俗学』曜曜社出版 1995
  • 寅さんの民俗学 戦後世相史断章』海鳴社 1996
  • 『死・墓・霊の信仰民俗史』歴史民俗博物館振興会(歴博ブックレット) 1998
  • 『神々の原像 祭祀の小宇宙』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー) 2000
  • 『なぜ日本人は賽銭を投げるのか 民俗信仰を読み解く』文春新書 2003
  • 『柳田民俗学の継承と発展 その視点と方法』吉川弘文館 2005
  • 『なるほど!民俗学 どうして敷居を踏んではいけないの?』PHP研究所(雑学3分間ビジュアル図解シリーズ) 2006
  • 『日本人の縁起かつぎと厄払い』青春出版社 青春新書 2007
  • 『日本人の春夏秋冬 季節の行事と祝いごと』小学館 2007
  • 『先祖供養のしきたり』ベスト新書 2008
  • 『お葬式 死と慰霊の日本史』吉川弘文館 2009
  • 伊勢神宮出雲大社-「日本」と「天皇」の誕生』講談社選書メチエ 2009
  • 『民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直す』吉川弘文館 2011
  • 『日本人はなぜそうしてしまうのか』青春出版社(青春新書)2012
  • 『伊勢神宮と三種の神器-古代日本の祭祀と天皇』講談社選書メチエ 2013
  • 『葬式は誰がするのか 葬儀の変遷史』吉川弘文館、2015
  • 『氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史』講談社選書メチエ 2017

共編著編集

  • 死後の環境 他界への準備と墓 昭和堂 1999.1 (講座人間と環境 第9巻)
  • 民俗学がわかる事典 読む・知る・愉しむ 日本実業出版社 1999.9
  • 往生考 日本人の生・老・死 国立歴史民俗博物館国際シンポジウム 宮田登共編 小学館 2000.5
  • イデオロギーの文化装置 福井勝義共編 東洋書林 2002.11 (人類にとって戦いとは)
  • 暮らしの中の民俗学 1-3 波平恵美子,湯川洋司共編 吉川弘文館 2003
  • 民俗小事典 死と葬送 関沢まゆみ共編 吉川弘文館 2005.12
  • 精選日本民俗辞典 福田アジオ・湯川洋司・神田より子中込睦子渡邊欣雄共編 吉川弘文館 2006.3
  • 都市とふるさと 岩本通弥共編 吉川弘文館 2006.10 (都市の暮らしの民俗学)
  • 都市の光と闇 岩本通弥 吉川弘文館 2006.11 (都市の暮らしの民俗学)
  • 都市の生活リズム 岩本通弥 吉川弘文館 2006.12 (都市の暮らしの民俗学)
  • 排除する社会・受容する社会 現代ケガレ論 歴博フォーラム 関根康正共編 吉川弘文館 2007.5
  • ブルターニュのパルドン祭り 日本民俗学のフランス調査 関沢まゆみ共著 悠書館 2008.3
  • 民俗小事典 食 関沢まゆみ共編 吉川弘文館 2013.8

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.322
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ 『伊勢神宮と三種の神器』著者紹介