メインメニューを開く

新選組隊内において粛清された隊士

新選組 > 新選組隊内において粛清された隊士

本項では、新選組隊内において粛清された隊士について列挙する。

新選組の内部粛清編集

近藤・土方体制をつくり上げる過程において編集

分隊行為・背反行為の粛清編集

倫理・道徳の徹底編集

  • 松原忠司 - 土方歳三に斬った男の妻のことをいわれ心中またはある失策がもとで切腹をはかり、その傷で死亡ともいわれている。
  • 施山多喜人 - 人妻との不倫を咎められ、切腹。
  • 河合耆三郎 - 隊費会計の流用疑惑を持たれ切腹(近藤の妾の身請け費用捻出に難色を示した事が疎まれ切腹に追い込まれた、という説あり)。斬首もしくは自害とも。
  • 田内知 - 愛人の浮気相手に斬られ、そのまま逃げられ、大声で助けを呼んだ。この行動が士道不覚悟とされ切腹。
  • 加納惣三郎 - 辻斬り強盗の常習であったため土方歳三に待ち伏せされ、暗殺された。

関連記事編集