メインメニューを開く

新里 賢(しんざと けん、1981年4月12日 - )は、大阪府堺市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

新里 賢
LM-Ken-Shinzato.jpg
ロッテ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1981-04-12) 1981年4月12日(38歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手二塁手三塁手
プロ入り 2003年 ドラフト5巡目
初出場 2004年6月25日
最終出場 2009年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

捕手になったのは高校2年のとき。法政大学4年時に主将を務めるなど、人望が厚いことで知られている。

2003年ドラフト会議大阪近鉄バファローズから5巡目指名を受け入団。

2004年オフ、オリックス・ブルーウェーブとの合併に伴う選手分配ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。

2006年途中、川井貴志との交換トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスから千葉ロッテマリーンズに移籍。打撃の才能をボビー・バレンタイン監督に見込まれ、出番を増やすために2008年二塁手に挑戦すると、二軍で見事二塁手のレギュラーを獲得することに成功した。前年まで不調だった打撃も好調で、最終的に二軍で打率.300、3本塁打、38打点の好成績を残し、一軍でも5月16日にプロ初安打を放った。

2009年は二軍キャンプスタートも、オープン戦ではホームランを放ち存在感を示した。4月19日に一軍に登録されると初スタメンを経験する。4月25日の西武戦では二死一・二塁で代打で出場すると、帆足和幸からプロ初打点となる二点適時三塁打を放ち、プロ初のお立ち台にもあがったが、結局この試合が現役最後の一軍戦出場となった。10月8日に現役を引退を発表[1]

引退後はスカウトとしてロッテ球団に留まったが、2011年度限りで退団した。現在は生命保険会社に勤務している。千葉ロッテでチームメートだった青松敬鎔が退団した時に声をかけ、青松も同じ生命保険会社に勤務している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2004 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2005 楽天 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2008 ロッテ 5 7 6 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .167 .286 .167 .452
2009 2 5 4 1 1 0 1 0 3 2 0 0 0 0 1 0 0 0 1 .250 .400 .750 1.150
通算:4年 9 14 12 2 2 0 1 0 4 2 0 0 0 0 2 0 0 5 1 .167 .286 .333 .619

年度別守備成績編集

捕手 二塁 三塁
守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 試合数 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合数 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2004 1 0 0 0 0 - - -
2005 1.000 1 1 0 0 0 0 0 0 0 - - -
2008 1.000 2 4 0 0 0 0 0 0 0 - 2 2 2 0 1 1.000 -
2009 - - 1 4 2 0 1 1.000
通算 1.000 4 0 0 0 0 - 2 2 2 0 1 1.000 1 4 2 0 1 1.000

記録編集

背番号編集

  • 45(2004年 - 2006年途中)
  • 95(2006年途中)
  • 67(2007年 - 2009年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集