新間 進一(しんま しんいち、1917年9月3日 - 2005年12月11日)は、国文学者青山学院大学名誉教授。

兵庫県神戸市出身。東京芝生まれ。父は神戸市日蓮宗妙法華院住職・新間智啓。神戸一中六高を経て、1940年東京帝国大学文学部国文学科卒、同大副手。佐佐木信綱に師事した歌人でもある。46年白百合女子専門学校教授、50年北海道大学文学部助教授、57年文部省教科書調査官、66年青山学院大学教授、86年定年、名誉教授。中古・中世和歌と近代短歌を研究、特に「梁塵秘抄」と与謝野晶子研究で知られる。2005年、呼吸不全のため88歳で死去[1]。息子に新間一美京都女子大学教授中古文学・和漢比較文学)。

著書編集

  • 歌謡史の研究 その1 至文堂 1947
  • 明治大正短歌史 東京堂 1948
  • 方丈記全釈 評註 紫乃故郷舎 1949 (紫文学評註叢書)
  • 近代歌壇史 1968 (塙新書)
  • 近代短歌史論 1969 (有精堂選書)
  • 古典(古文・漢文) 旺文社 1969
  • 与謝野晶子 桜楓社 1981.12 (短歌シリーズ・人と作品)

編纂など編集

  • 中世民謡集 古典文庫 1947
  • 枕草子 清少納言 いてふ本刊行会 1953
  • 日本古典文学大系 第44 中世近世歌謡集 志田延義浅野建二と校注 岩波書店 1959
  • 日本古典鑑賞講座 第14巻 日本の歌謡 西角井正慶、志田延義共編 角川書店 1959
  • 日本古典文学大系 第82 日蓮兜木正亨と校注 岩波書店 1964
  • 続日本歌謡集成 巻1 中古編 東京堂出版部 1964
  • 与謝野晶子選集 全5巻 与謝野光共編 春秋社 1966-1968
  • 近代短歌の教え方 工藤信彦共著 右文書院 1968 (教え方双書)
  • 中世文学選 小林智昭共編 有精堂出版 1968.2 (新集日本文学叢刊)
  • 中世仏教歌謡集 武石彰夫共編 古典文庫 1969
  • 近世仏教歌謡集 上中 武石彰夫共編 古典文庫 1971
  • 日本近代文学大系55 近代短歌集(注釈)角川書店 1973
  • 日本の歌謡 記紀歌謡・梁塵秘抄・閑吟集松の葉 中西進共編 河出書房新社 1975
  • 日本文学史 井上宗雄前田愛共著 旺文社 1975.1
  • 梁塵秘抄 校注・訳 小学館 1976.3 (日本古典文学全集
  • 鑑賞日本古典文学 第15巻 歌謡 2 志田延義共編 角川書店 1977.2
  • 完訳日本の古典 第34巻 梁塵秘抄 外村南都子と校注・訳 小学館 1988.1

記念論集編集

  • 梁塵 日本歌謡とその周辺 新間進一先生古稀記念 中世歌謡研究会編 桜楓社 1987.12

参考編集

  • 文藝年鑑 および 記念論集

脚注編集

  1. ^ 新間進一氏死去 青山学院大名誉教授 - 47NEWS